So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『LaTeX2e美文書作成入門』 [学校]

 『LaTeX2e美文書作成入門 改訂第7版』を購入する。

 "LaTeX2e"とは"TeX"の発展系で、要は数式を書くために進化したソフトである。もちろん文章も書けるので、文章とどんな難しい数式が混在しても、組版が出来る。
 TeXは1980年に発表され、その後進化を続けてきたが、わたしには無縁のものと思ってきた。一太郎やエクセルでもそれなりに数式を書くことが出来るからだ。中学生レベルなら十分と思っていた。
 しかし、長年使っていても、どうしても不満が残る。やはり自分の思うような版にならないのだ。
 それで、いっそのこと、TeXを勉強することにした。目標はこれでテストを作ることである。ハードルは極めて低い。
 この本を購入したのは、DVD-ROMが着いていることで、TeXはインターネットからもダウンロードできるが、オープンソースソフトなので、様々なバージョンが混在しやすい。そのため、一定の水準で安定したバージョンが欲しかったのだ。
 習熟すると、出版されている書籍と同様の版が組める。教職引退後、テストの清書の仕事を得ることは出来ないだろうか? まあ、出来ないだろうな。それより、こういうことが出来るんだと、在職中に後輩に教える方がずっとためになる。わたしの知る限り、中学校教師で、TeXでテストを作った、と言う人を知らないからだ。
 大学時代の恩師 猪野富秋教授が手書きコピーを自分で綴じ込んで製本した『多変量解析の標本分布論入門』(1983)全93ページも組版して綺麗に装丁して仏前に供えたら、先生も喜ぶだろう。多分当時の学生でこのコピーを持っているのはわたし1人だと思う。
 なお、この「美文書作成入門」は、2018年度第14回日本数学会出版賞を受賞している。同回受賞作品としてもう一件が遠藤寛子先生作『算法少女』。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。