So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バッテリーに罪なし [雑感]

 スマホを買った後に、予備の外部バッテリーも買っておいた。

 子ども達が、よくバッテリー切れしそうになっていたのを見ていたからだ。2000円くらいの物。それでも、スマホ2台を満充電できる容量があるという。
 ずっと使う機会がなかったが、数ヶ月前に、帰宅寸前でバッテリー切れになり、残容量が0になってしまった。そこで、思い出して随分前に充電したままになっていたバッテリーを取り出して、差し込んでみたのだが、充電されない。しばらく使っていないからだろうかと思い、充電器につなぐと充電され、充電器を外しても、バッテリーから電気が供給されている。つまりバッテリー自体は充電されているのだが、ただつないでも、スマホに電気が供給されないのだ。
 最初の一撃、と言うかとりあえず充電器に最初つなぐと、その後はバッテリー単体で充電されるのだが、これではいざという時には役に立たない。
 何か使い方が間違っているのか、と思っていたら、今日、あることに気がついた。バッテリーの電源供給部の横にスイッチらしき物があるでは無いか。「電源マーク」が着いているので気がついたのだ。押してみると凹む。スマホにつないで、そのボタンを押すと、すぐに給電中のランプが着いた。
 なんてことはない。ただつないだだけではダメで、ボタンを押せば良いのだった。あらためて説明書をみると、「電源ボタン」と書いてある。書いた人はこれで分かると思ったのだろうが、読んだ私にはその意味が伝わらなかった。気がつけば、馬鹿みたいな話だが、同じようなことは往々にしてある物だ。そうやって考えると、生徒に話している内容も、最初の一言が分からないために、伝わっていないことが多々あるのかもしれない。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。