So-net無料ブログ作成
検索選択

米の生産量と消費量について [環境]

 「一日ニ玄米四合ト/味噌ト少シノ野菜を食ベ」とは、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の一節である。

 手帳に記載されている日付から、昭和6年(1931年)11月3日のものと分かる。
 だが、一日四合の米とは、炊飯するとお茶碗8杯となり、多すぎないか? 今の感覚では、一食2.7杯は大食いになるが、当時は普通の量だったという。が、肉類をとらずにタンパク質を摂取するにはこれでも不十分だったと言える。実際、37歳で死去している。
 カロリー的には、成人男子で1日最低1800キロカロリーを取るためには1日4合の玄米でまかなえるが、現実には労働しなければならないので、2200キロカロリーは必要だ。すでに足りない。タンパク質を計算すると、1日の必要量は平均80gで、玄米でも100g当たり2.8gしかないから、米だけで必要量を取るには、1日2857g(19合=茶碗38杯)を取らないと足りない。卵とか肉を摂取しないと早死にするのだ。

 そこで、米についてざっと調べると、江戸時代は、1食に米1合、1日3合がおおむね成人1人の消費量とされていたそうで、年間では、3×365=1095(合)となり、およそ1石(=10斗=100升=1000合)を1年間の消費量とした。
 ここで生産量だが、江戸時代は、田の1反(およそ10アール)での収穫が米1石だったので、1町(およそ100アール=1ヘクタール)では10石取れることになる。
 これが石高の基本となる。他の税となるものを含めて、江戸中期で全国では2500万石、当時の日本の人口が2600万人ほどだそうだから、大体が主食の米を食べることが出来たようだ。足りない分は、粟や稗で補っていたのだろう。
 江戸時代の平均寿命は、45歳ほどだそうだ。米以外に魚なども食べていたのだろうから、それでもこんなものなのだろう。

 さて、現在の水稲1反あたりの平年収量を調べると、530キロだという。合では3533合(約3石=9俵)。収穫率は3倍になっている。
 販売価格は、平均で1合あたり50円程度だから、1反で18万円程度。純益は10万円程度だろう。
 日本の稲作農家の平均作付面積は1ヘクタールなので、年収は100万円程度にしか過ぎない。それでもやっていけるのは、稲は作付けや刈り取りの時には時間も労力もかかるが、年間の平均農業労働時間は615時間だそうで、一日8時間制だと年間77日の換算となる。したがって、兼業によって稲作を行っている農家がほとんどということになる。

 米の消費量だが、平成9年で1人あたり66.7㎏(445合)、平成27年では52.0㎏(347合、1日およそ1合)となっている。米以外にパンや麺、パスタなど小麦粉などを使った炭水化物を摂取しているから健康に問題は無いと思われるが、米離れはなお続きそうだ。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

根開き [環境]

 木の根元の回りの雪が早く解けることを、「木の根開(ねびら)き」と言うそうだ。

 「木の根明(ねあ)く」とも言うようで、どちらも季語になっている。広辞苑には載っていない。

 ネットで調べると、木の吸い上げる地下水の温度が回りより高いので、との説明があるが、その要因もあるとしても、電柱や地面に立てた棒の回りでも、雪は早く解けるので、主たる要因は、日光熱を吸収した木や柱が回りの雪を解かすようだ。

 グランドの校木でもあるプラタナスの根開きも広がり、雪もだいぶん減ってきたが、まだまだだ。一般道の雪はほとんど無くなったので、とても走りやすくなった。4月になったら降雪も無いだろうか。そろそろタイヤ交換の時期を考えなければならない。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

立春に寒波 [環境]

 今朝は、札幌は気象台発表で-10度で、今季最低気温となった。

 北区は朝8時で-12度で車がなかなか暖まらない。ちなみに、北海道の中央にある旭川市では最低気温が-22度、都心部から18キロほど離れた隣の江丹別町では-30度だったそうだ。まだ立春気分になれない。

 旭川市は、盆地に位置するので、寒暖の差が激しい。日本の最低気温の記録は明治の時(1902)だが、旭川で-41度となっている。富士山山頂の最低気温よりも低い。市内ではお土産で「氷点下41℃」というお菓子もある。今は都会なので、それほどまでには下がらないが、江丹別では1978年に-38.1度の記録がある。日本歴代3位だ。

 立春を境に、気温も上がってくれたらいいが。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

台風8号 [環境]

 今段階では、台風8号は関東方面のようだが、こちらでも雨が降っている。

 かなりの規模の台風なのだろう。ただ、太平洋側にそれているようで、明後日には天気も回復しそうだ。

 気温も高くなっているので、今週は、生徒にジャージ登校を認めている。暑いときは、短パン・半袖で良いと言っているのに、長ズボン・長袖ジャージで過ごす生徒がいるのは、一種の自己主張なのだろう。暑くて、ヘロヘロになっているようだが。脱がすわけにもいかない。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

長雨 [環境]

 札幌は11日連続の降水で、6月としては2006年以来8年ぶりだそうだ。

 「蝦夷(えぞ)梅雨か?」との新聞報道があったが、低気圧が停滞しているせいで、梅雨では無いらしい。(基本、北海道に梅雨は無い。)

 2006年とは、長女が高1、長男が中1になった年で、長女はトレーラーキャンプにもあまりついて来なくなるようになった。長男は、海釣りにこり出して、妻と3人で釣りには結構行ったような気がする。天気はあまり良くなかったようだ。
 それから8年とは。長女は昨年大学を出て就職、長男も成人となった。

 季節も変わるが、子どもの成長も早い。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

サンフーロン [環境]

 今年も、家の周りにスギナとツクシが出てきた。

 今年もというのは、スギナの発生は昨年からのことで、土壌が酸性化しているのかもしれない。

 何か打つ手は無いかと探したら、サンフーロンという除草剤があった。昨年の9月にも使用したが、それは別の雑草で100倍希釈で済んだが、スギナにも使えるそうで、ただ25倍希釈での使用という。
 2週間後くらいに効果は現れてくるだろう。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

暑い日と寒い日 [環境]

 土曜日は、最高気温が24.7度だった。

 今日は、最高気温が16度ほど。午後は気温が下がって、学校帰りには7度くらいだった。それでも、最低気温としては、平年より1度くらい高いという。

 札幌の春はこんなものなのだろう。それでも、ちょっと暖かい日が続いたせいか、校庭の桜も少し開き始めた。GWは、それほど天気が崩れそうに無いので、桜も満開になって散るのかもしれない。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

雪割り [環境]

 物置前に残っていた小さな雪山を雪割りする。

 半月ほど前は、物置のシャッターの半分くらいまでの高さだった雪山が、息子に雪割りさせ、その後日光が高くなるにつれ、どんどん解けるようになった。だが、日当たりの悪い部分はなかなか解けないので、最後に残った雪を剣先スコップで割って、日の当たるアスファルト面へ投げ入れる。
 明日は、トレーラーを隣町の倉庫から出して,自宅に持ってくるので、入れるのに差し支えが無いように、邪魔なものを省く。物置前が、トレーラーの駐車場になっているのだ。
 明日の日中までにはすべて水になって流れていることだろう。
nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

雪解け [環境]

 今日は日中の気温が5.4度まで上がり、雪解けが進んだ。

 冬の間は体が寒さに順応しているせいか、0度を超える時などは暖かくすら思える。
 ただ、まだ早朝はー4度くらいだから、あなどれない。ちょっと油断すると水道が凍結する温度だ。

 暖かくなってくると「雪割り」をすると、雪解けがさらに進む。これは積もって固まった雪をスコップなどで切れ目を入れたり、砕いたりして、日が当たる面積を広くするものだ。
 道路が乾いていたら、そこに少しずつ雪を捨てるのも一つの方法だ。

 今月中に、家の周りの雪が無くなってくれたらいいが。
nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

けっこうな雪 [環境]

 台所の窓から駐車場の車を見ると、けっこう雪が積もっていた。

 あまり雪が多いと、車通勤は断念して、バスで行くことになる。そのために、毎日6時半頃に起きているのだが、今日はちょっと迷った。
 積雪量は20センチくらい。雪質は軽いので、何とかなりそうだった。何より、除雪車が入っていないので、雪山ができていない。これで車の前に雪山を作られたら、除雪は無理だったろう。
 車の前のみの雪を、融雪槽に入れ、車を出す。後は、妻に任せた。

 国道に至る道道は、除雪車が入っていないせいか、雪がぬかるむのと、1車線になってしまっているのでなかなか進まない。
 国道に入ると3車線が除雪されているので、ぐんと流れが良くなる。

 そんなに遅れはしなかったが、もう雪はいい、と思った。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

大寒 [環境]

 昨日から大寒に入り、今朝は、ー15度だった。

 札幌市内でも、場所によって気温は違う。わたしの所は朝7時半で、ー15度だったが、都心に近づくにつれ多少上がり、職場付近では-8度だったと聞いた。
 今朝は、車のフロントガラスには霜がつき、エンジンも多少かかりづらかった。
 北海道で、本日一番寒かったのは、道央の占冠でー24.9度だと。そんなところでも、生徒は朝普通に登校してくるのだなぁ。
 最も寒い時期になったのだから、これからは少しずつ暖かくなることを期待しよう。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

荒れ模様 [環境]

 朝、部屋がやけに寒く感じる。

 布団の中は暖かいが、顔が冷たい。ストーブをつけるが、そんなに早くは暖まらない。
 いつもの時間に出かけるが、今日からは一人だ。近くの河川敷の草の色が変わっている。霜が降りたようだ。
 車の中に入ると、気温0度。雪は降っていないが、午後からは荒れるという。
 帰りは、雨だった。風も結構強い。明日も天気は悪そうだ。体調はそれほど悪いとは感じないのだが、鼻水が時々、すーっと出てくる。天候の変化に体が追いつかない。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

札幌も初雪 [環境]

 暴風雨の後、冬型の気圧配置になるので、昼から雪になるだろうとの予報通り、札幌にも初雪が降った。

 例年、10月末には初雪があるものだが、今年は、10日以上遅い。
 気温はまだ3度ほどなので、降った雪は積もることなく、水たまりの中に消えていった。
 まだ零下にはならないだろうが、念のため、家に帰ってから、家の外の給水栓とトレーラーの水落としをした。

 明日は、午前中は、トレーラーの格納、午後は、予約してあったタイヤ交換だ。
 月曜日からは、連日雪になると言う。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

除草剤の効果 [環境]

 裏庭などに、除草剤を2週間前に散布した。

 3年前までは、妻が裏庭に畑を作って、豆など栽培していたのだが、家の中での作業が忙しく、まったく放置状態になり、結果、ジャングルのように雑草がはびこったのだ。
 8月半ばに、草刈りをしたが、根は残っているので、除草剤で枯らすことにした。
 農耕地用除草剤サンフーロンを使うと、葉を持つ草だけに成分が働きかけ、地中に入った成分はすぐ非活性化するので、その後の耕作も可能という。値段も安い。すぐ裏のお隣の畑にも迷惑をかけることも無い。葉の光合成を阻害する薬なので、根まで枯れるという。
 2週間前に、100倍希釈で散布したら、10日後になる3、4日前から効果が見えてきた。ただ、スギナは手強いので、25倍の希釈量で無いとダメらしい。
 今のウチに、対処しておくと、来年が楽になるだろう。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

オニアザミの駆除 [環境]

 玄関の横に生えたオニアザミが大きくなり、花まで開く寸前になった。

 前から駆除しようとは思っていたのだが、棘があるので、ためらっていた。だが、花が開いて実をつけ、さらに広がったら、もっと厄介なことになるので、重い腰を上げた。(実際にはしゃがんだり立ったりするのが辛いのだ。)軍手では棘が刺さるので、ゴム手袋をはめる(北海道では「手袋をはく」という)。それでも棘が刺さることがあるので、鎌でいくつかに切り分けながら、腕などに刺さらないように慎重にビニール袋に入れていく。全部で4本もあった。
 ついでにというか、ブルーベリーを植えている塀の内側の、通路となっている小石を敷いている部分の草取りもする。昔は、それほど雑草は生えなかったのだが、時が経つにつれ土の部分が多くなったのか、放っておくと草だらけになる。
 例によって、カートに座って移動しながら取るのだが、それでも足に来る。明日は筋肉痛だろうか。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

札幌に21年ぶりの雪 [環境]

 昨日(5月2日)の5時頃、給油をしていたら、雪が降ってきた。

 報道によると、札幌では1992年以来21年ぶりの5月の雪(みぞれ)だそうだ。
 外気温は、日中でも4度ほど。
 GWにどこかへ行こうかと、今日も買い物に行って妻は着々と食料などの準備をしているのだが、アウトドアを楽しむような気候ではない。
 さて、どうしたものか。出かけるのは良いが、何も出来ないで帰ってくることになってしまいそうだ。
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:学校

入院44日目 [環境]

 6時過ぎにブラインドを開けると、朝焼けが見えた。

 7時から栄養点滴。400ccで1時間弱。
 8時から、抗生剤の静脈点滴。1時間。今日は採血もあり、針を変える。
 10時から、HBO。11時40分まで。
 卓上電波時計の電池が無くなったようなので、売店に買いに行く。朝見ると、表示が1月1日になっていたのだ。4年くらい前に買ってその後電池交換をした記憶がないから、いい加減電池の寿命なのだろう。
 病棟に戻ると、診察・治療と言われる。12時20分まで。
 昼食分の栄養点滴。400ccで約1時間。
 午後は特に用事は無し。
 担当看護師さんと、昨晩の先生からの手術の説明について話をする。予定日は2月26日(火)、外科的消炎術。プレートは多分外すことに。術後、額間固定。1週間程か。病気休暇は、3月一杯の申請とすることに。診断書をお願いする。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

今季最低気温 [環境]

 札幌管区気象台によると、朝4時58分に、-13.5度で今季最低だという。

 家を出て職場に向かう車の温度計では、7時20分で、ー18度だった。車に乗る前にゴミ出しをして、ずいぶんしばれるなと思ったら、予想よりはるかに気温は低かった。
 雪はほとんど降っていないのだが、連休中に降った大雪のせいか、車の流れが悪い。職場に着くのに40分ほどかかる。いつもの2倍だ。
 今日は終業式。2時間授業をやってからなので、学活含め下校は、12時20分。
 3時10分、最終打ち合わせ。
 2学期が終わった。
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

初雪が根雪に [環境]

 札幌では、11月中旬に降った初雪が根雪となった。

 根雪とは、春まで解けない雪のことを言う。記録上初めてのことだという。

 雪の量も多い。札幌の累積降雪量は18日正午で149センチで、平年12月末が132センチだから、すでに上回っている。中央区の路面電車の走る通りは、雪で道幅が狭くなり、線路にひっきりなしに車が入ってくるので、排雪の前倒しを決めたそうだ。
 観測史上2番目に遅い初雪だったが、そのまま居座って、さらに雪を呼んでいるようだ。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

今季最低 [環境]

 札幌は、朝-7.6℃で、今季最低となった。

 他の地方を見ると、滝上(たきのうえ)で、-23.4℃だという。夜通しストーブを焚いていないと、家の中でも凍死してしまうような温度だ。
 今はほとんどが石油ストーブだが、使うのに電気がいる。停電になると、ストーブがつかないのだ。なので、災害時に備えて、ポット型の石油ストーブが割と売れているらしい。それほど高くはないが、煙突がないので、換気に気をつけないと、二酸化炭素が増えて、酸欠状態になることがある。
 ガソリンエンジンの発電機があるので、いざというときに使う手もある。でも、野外用なので、室内ではとてもうるさいし、排煙も出る。
 雄・雄のコードを用意し、室内のブレーカーを切って、家の外のコンセントに発電機と繋ぐ方法もあるようだ。ブレーカーを切るのは、停電が解消され、電力会社から電気が供給されると、そのままでは面倒なことになるからだ。
 ともあれ、雪国の停電は、まさに災害となる。わが家も含めて、各家庭が対策をしているとはとても思えない。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

真冬日 [環境]

 今日は真冬日になるとの予報。

 1日の最高気温が0度以下の日を真冬日と呼ぶそうだが、朝は-4度位だったろうか。車が進まない。少し速度を上げてカーブなどしようものなら、スピンしかけない路面状況だ。
 朝は、車の雪を払って少し遅く家を出たが、いつもより30分遅れくらいか。
 帰りも、路面が凍結しているので、なかなか車が進まない。
 家の近くになって、右カーブを切ろうとしたら、後ろの車輪が流れてどうなるかと思った。多少だったので、問題はなかったが。
 もう少し雪が積もって道路が圧雪状態になると、かなり変わるのだが。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

札幌の初雪 [環境]

 ついに初雪が来た。

 午後から降り始め、3時頃には外も暗くなり街灯がともった。時に雷も伴う。
 報道によると、平年より21日、昨年より4日遅く、観測史上最も遅かった1890年11月20日に次ぐという。
 明日も一時雪のようだ。量はそれほどでも無さそうだが、スリップに注意しよう。冬靴を出さねば。
nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

初雪はいつ? [環境]

 例年10月末には初雪があるものだが、札幌は今現在まだだ。

 週間天気予報では11月18日(日)となっている。
 雪を待ちわびているわけではないし、出来るなら平地には降らないで欲しいと考えている方なので、この状況は大歓迎だが、いつ降り出すのかは、北国の人間の関心事なのだ。
 もうすでに車のタイヤは交換しているので問題はないが、こう初雪が遅いと、街中の走行では夏タイヤのままの車と混在するので、一旦雪が降ったり路面が凍結すると、一挙に遅くなる。
 夏タイヤの車はスリップするので速度が極端に下がり、かつ、追突をおそれて車間距離もとるので、車が進まなくなるのだ。
 雪や道路凍結の時期は、いつも多少の混乱が生じる。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

初冠雪 [環境]

 10月19日は、手稲山に初冠雪を迎えた。

 気象用語なのだろうか。手元の辞書には出ていない。例年よりは遅いようだ。
 平地に雪が降るのは、11月に入ってからなのだが(初雪は例年10月末)、何となく落ち着かない。タイヤ交換やトレーラーの格納とか考える。
 先週から、ストーブも焚き始めた。夏が暑かったせいか、室温が20度を切ると、寒く感じる。
 山の雪をみると、急速に冬に近づいているような気がする。
nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

2年前は [環境]

 2年前は、入院準備をしていた。

 当面は検査入院で、ガンの疑いがあるため右首に出来た腫脹を全身麻酔で切開して取って、組織検査(生検)をするのだ。結果が出るまで期間があるので、一旦退院して自宅待機し、結果を見て次の検査と手術を待つ。
 検査結果はガン細胞が見つかったとのことで、扁桃腺の摘出と、ガンの原発巣を同定するための手術をするという。また全身麻酔だ。
 実はこれでも原発巣が分からなかったので、3度目の手術が予定されていたのだが、内視鏡検査で分かったので、手術は取りやめとなった。また、同じ検査で極初期の食道ガンも見つかった。

 主治医からは「治りますよ」と言われていたので、不安感は全くなかった。(ただ、退院の時は、5年生存率は7割と言われた。)
 教育大時代は、寮生活だったので、集団部屋も問題なし。

 それが今は、ほぼ普通に生活し、仕事もしているのだから、多少の不便は我慢しようと思う。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

最高気温29.8度 [環境]

 気象庁によると、札幌では今日の最高気温は、12時1分で29.8度という。

 平年より7度くらい高い。
 今頃は、秋の風を感じている時期なのだ。
 これが30度を超えれば、観測史上初めての真夏日になったのだが、ちょっと惜しかった?

 明後日からは雨の予報なので、もう少し過ごしやすくなるだろうか。
nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

強烈な甘さ [環境]

 昨日の夕食のサラダに、トウモロコシの粒が入っていた。

 茹でたものだが、これが強烈に甘いと感じる。
 人の体とは不思議なものだ。医者は、「味覚は元に戻りますよ」と言ったが、個人差はあるという。
 自分の体で確認しているようなものだが、少しずつでも期待したい。

 今の希望はラーメンとカレーと餃子と回転寿司がおいしく食べられることだ。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

最高気温 [環境]

 札幌は、12時07分に32.7度を記録し、今年の最高気温だという。

 あまり暑さネタばかりを書きたくないのだが、今年は例年とはるかに異なる。
 予想最高気温が33度近くなりそうなので、昨日の段階で生徒には体育時の半袖・短パンでの登校も可と指示した。なるべく薄着の方が熱中症を防ぐことが出来る。北海道の子どもは(大人も)、そんなに暑さには慣れていないのだ。
 そもそも、例年なら8月中旬を過ぎたら、いわゆるお盆明けで、トウキビの収穫時期となり、秋の気配が感じられるようになるものだ。
 今年は、7月末は結構暑かったが、8月に入ってからは真夏日が無く、20日過ぎからこんな天気だ。
 雨も降らないので、雑草ですら萎れているようだ。まあ彼らはしぶといので枯れることはないが。

 それでも、生徒はよく頑張って、あまり普段と変わるところはなかった。授業中の飲水も申し出ればよいと言ってあるのだが、わたしの授業では5時間中1人しかいなかった。
 明日以降は、徐々に収まってくることだろう。天気のことだから、期待するしかない。
nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

道ばたのラベンダー [環境]

 ここら辺りでは、道路の中央分離帯とか道ばたにラベンダーが植えられている。

 それがそろそろ盛りだ。
 学校の玄関前にPTAの皆さんの活動で、植えてくださったラベンダーも大きく育っている。
 近くの百合が原公園でも、きっと盛りに違いない。
 この週末は、見学に行こうか。歩いても、10分ほどなのだ。
nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

『恐怖の存在』 [環境]

 何年も前に買ったのにまだ全部を読んでいない本がいくつもある。

 マイクル・クライトン著『恐怖の存在』もその一つだ。2004年出版で、日本では翌2005年に初版が出た。
 上下巻で1冊1700円だから、なかなか買う勇気が出なかったのだが、当時ほとんど誰も声を出さなかった「地球温暖化」が環境保護利権を持つものが煽る「危険な疑似科学」との内容で、今ではその真実性の方が明らかになってきている。
 なぜ読んでいないのかというと、どうもこういう長い小説は苦手なのだ。学生の頃は、『千夜一夜物語』とか『戦争と平和』、『罪と罰』などなど結構長い小説も読んだが、2冊で1000ページくらいになるともう根気が続かない。

 そのマイクル・クライトンが亡くなっていた事を知った。2008年に喉頭癌で死去したとのこと。享年66歳。
 代表作は、『アンドロメダ病原体』、『ジュラシック・パーク』など多数ある。

 1969年に出版された『アンドロメダ病原体』は映画『アンドロメダ』として、1971年に公開された。私は中学生だったが、観に行った。映画は小さいときから好きだったし、こういったSF物も好きだったのだ。映画を観た後、小説も買って読んだ。どこか段ボールの奥に潜んでいると思う。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:学校
メッセージを送る