So-net無料ブログ作成

学習コンテスト準備 [学校]

 明日の始業式後に三教科の学習コンテストがあるので、同僚と問題検討と印刷をした。

 学校に行く前に、北洋銀行の麻生支店により、ATMで現金を振り込もうとしたら、扱っていないと表示が出る。土・日はダメなようだ。明日は始業式で、午後は授業が無いので、行けるだろう。
 10時に職員室で待ち合わせていたが、20分ほど遅れるとメッセージが入る。机上にテスト案があるというので、探して解いてみる。全部、冬休みの課題からの出題。問題は無いが、時間が足りるかどうかが不安。印刷して、袋に入れて終了。明日を待つまでだ。
 昼食はコンビニでサンドイッチと牛乳を買って済ます。
 ポケットティッシュが家にもなくなったので、100円ショップに寄って買う。
 帰宅後、雪投げ。来週の準備。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

冬休み課題作成 [学校]

 昨日は、3時間ほど空き時間があったので、冬休み課題を作成した。

 問題8ページ、解答8ページで、裏表印刷。表紙を着けて、予備を含め230部。1時間ほどで終わったので、機械で丁合もした。ついでに、電子ホチキスで綴じ込んで終了。最後の単元テストも印刷した(原稿は同僚が作ってくれていた)ので、これで二学期中の印刷はすべて終了。
 いよいよ二学期最後の一週間となる。大体予定通り、平面図形の章で終わることになる。この章は作図と、図形の移動が混ざっていて非常にやりづらい。生徒が混乱するのは当然だ。
 
nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:学校

水落とし [学校]

 家の外に散水栓があるが、数日前に妻から、水落とし(水抜き)をしたか聞かれた。

 自分でやった覚えが無いので、昨日の晩に見たら、凍結していた。外気温-4度だから当たり前だろう。問題は、どの程度まで凍結しているかだ。
 これが全面的に凍結すると、氷になった水の膨張で、蛇口が落ちたり、パイプが破裂する危険性がある。日曜日には日中気温が4度まで上がるというので、様子を見ることにした。
 午後2時になって、元栓を開けて、蛇口を開けると水が出てきた。凍結の状態は軽かったようだ。これで、元栓を水抜きにして、蛇口を開放にすれば、処置は終了だ。水撒き用のホースがまだ出ていたので、物置に片付けた。またしばらくは真冬日が続くから、最後のチャンスだったかもしれない。本格的に凍結・破裂すると、業者を呼ばないと修理できなくなるのだ。
 今は屋内は、夜でも暖かいので、水落としの必要は無い。小学生の頃は旭川に住んでいて昔ながらの家で、かつ水道では無くて手押しポンプだったから、毎晩水落としをした。夜は零下になることもあるからだ。朝は、呼び水を入れて、新たにくみ上げるのだ。引っ越しをしてから、上水道がつき、便利になったと思ったものだ。
nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

祝日 [学校]

 「勤労感謝の日」だが、成績入力のために、学校へ行った。

 小テストの採点が終わっていないのと、入力が、学校の校務支援PCでないと出来ないので、嫌でも行かなければならない。教科内点検の締め切りが明日なのだ。
 思えば昨年は、うつ病で、自宅療養中。一昨年は、腹部大動脈瘤破裂の手術後のリハビリでやはり自宅療養中で、あまり祝日を意識していなかったのだ。だが、そろそろ2学期の成績を出す段階となると、休日出勤もやむを得なくなる。もっとも、一昨日、昨日と通院で、仕事が出来なかったせいもあるが。
 最近は何かしら、成績にクレーム(教務から)が着くことが多いので、今回は無いことを祈るばかりだ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

プレ合唱コン [学校]

 合唱コンクールにむけて、各学年毎にプレ合唱コンと称して、授業変更をして1コマの中で、練習中の合唱曲を演奏し合う。

 1年のプレコンは4時間目だったので、終わってから廊下にいたALTにコーラスを聴いたか、と尋ねると聴いていないという。授業でもあったのだろう。
 ふと、What is the difference between concours and contest? と聞いたら、「コンクールは英語ではありません」(日本語で。彼女は日本語がうまいのだ。)と言われた。なんだか不意を突かれたような感じがした。
 家に帰って調べると、コンクールはフランス語由来らしい。わたしの持っている「ジーニアス英和辞典第5版」には、concoursは載っていなかった。国語辞典で調べると「コンクール(仏)」とある。
 わたしの感覚では、コンテストというと、なんだか規模の小さい、小テストのようなものがイメージされてしまうのだが、これは日本人一般の感覚だろうか。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

自校でのタブレット講習会 [学校]

 自校にもタブレットが50台ほど入ったので、教員向けの講習会があった。

 教師用と生徒用では機能制限があるので、例えば生徒用では、YouTubeも見ることが出来ない。つながっているのは教師用のものと、大型テレビだけなのだ。
 何か使わせようとしても、静止・動画カメラ機能とメモ機能くらいのものか。それも、プリントアウトできるわけでもないので、何も残らない。
 数学科としては、せめて平面図形が簡単に書けるとか、3D化できるとか、あるいは、比例・反比例のグラフが書けるとか、機能別のソフトが欲しいが、何もない。自分で探してインストールしても、次回には消えている。これでは、使い道がないなぁ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

退職準備セミナー・年金説明会 [学校]

 昨日午後は、退職準備セミナー・年金説明会だった。

 昔は、「退職予定者説明会」だったと思うが、変わったのか、本来そうだったのかは分からない。
 午後は学校祭準備で、授業が無く、義務免でも有り気楽に学校を出ることができた。今年は私1人だった。 
 定年を迎える者だけではなく、その前年度の者と、また学校事務職員は研修として誰でも申し込みしたら参加できるから、結構な数だった。400人くらいだったろうか。
 内容は資料通りで、特に目新しいことは無かったが、なんだか全体的に、老齢基礎年金が出る65歳までは働きましょう(働くのが当然?)、というようなムードが説明の中に現れていて、あまり楽しくはなかった。フルタイムの方は授業だけでなくて、同じ仕事を担任、部活を含め、やってもらいます、と言うのだ。そのくせ、給与は半減となるとは、口に出しては言わない(資料には載っている)。確かに高齢化は進行しているが、みんなが元気かというとそうでは無いのが現実なのだ。そうで無いと社会保障費が急増しないわけがない。生きているのと、どう生きているのかが分かっていないと、数あわせだけの要請となっている感じがした。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

タブレット講習会 [学校]

 希望制だが、教育委員会が主催する「タブレット講習会」へ参加してきた。場所は「ちえりあ」3階。

 2時間の内容だったが、なかなか分かりづらい。これは、かなり慣れないと、子どもに使わせるのに時間を取られるだけだ。
 機械は富士通だったが、全市では色々入るのだろう。ただソフトは、「Sky株式会社」が教育期間用に開発した「SKYMENU Class」で、これは全市で使われることになろう。何がどうのとはまだ言えないのだが、タブレットだけあって、機動性はあるが、画面が小さく同時に字がやたら小さい。ファイル名を選択する時に指では3つくらい触ってしまいそうだ。当面は実物投影機代わりにしかならないだろう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

散髪 [学校]

 小雨だったが、散髪に行った。

 歩いて15分ほどだろうか。いつもの「理容のかたやま」だ。9時開店の所、9時20分頃着く。
 今日は日曜日で出かける人が多いそうで、金・土がもっとも混んだそう。今日は、朝一番で散髪してくれた。
 帰りにセブンイレブンで、nanacoカードを作る。これはプリペイドカードのようなもので、一度現金をチャージしておき、何か買うと100円につき1ポイントがついて現金同様に使える。まあ、コンビニではフリスクくらいしか買わないのだが、長く使うといつの間にか500ポイント位溜まる。あと、キャンペーンや抽選でポイントが多く着く時もある。
 ずっと昔、10年以上前になるか、セイコーマートでは、タバコを買ってもポイントがついたのでずいぶん溜まった。ここは、カタログから景品を選ぶ形式だ。今はタバコにはポイントは着かないし、そもそも禁煙したので買うものが無い。家から一番近いので、牛乳が切れたときに買うくらいだ。

 これで、セブンイレブンでは、nanacoカード
     ローソンでは、Pontaカード
     ファミリーマートでは、Tカード
     セイコーマートでは、セイコーマートクラブカード、を使い分けることになるが、
 実はdカードというのもあり、ローソンでも使えるが、これがもっともポイントが溜まるのだ。dとはDOCOMOのdで、「So-net for ドコモ光」にしているので、使用料金の1%が毎月溜まる。次回スマホを買い換えるときに使えるだろう。これをゴールドにすると10%になるのだが、年間10800円の会費が必要になる。他のサービスもあるのだが、あまり使わないので、今のところはそのままにしている。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

夏休みの課題の作成 [学校]

 印刷は、昨日までに住んでいたのだが、丁合がまだだった。

 現行はもう一人の担当が作ってくれたので、空き時間にとりあえず3クラス分作った。夏休み前最後の授業となるクラスが一つあったからだ。実際配ってみると、両面印刷の片側が印刷されていないものが、4/30あった。もったいないので、回収して、不備な分を取り替えて作り直した。自分の持ちクラスは後3つなので、明日と月曜日で何とかなるだろう。
 丁合機は前からあったが、昨年電動ホチキスが入って、非常に作業が楽になった。

 朝ネットを見ていて気がついたが、1969年7月20日は、人間が月面着陸した日であった。今から48年前。同時通訳で、アームストロング船長が、「この一歩は人にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」とTV中継で話すのが伝わってきたのを思い出す。当日は満月だっただろうか?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

大腸カメラ検査へ向けて [学校]

 2014年までは2年おき、次回は3年後で良いと言われたので、7月5日の定期の診察の時に、7月27日に第8回目の大腸カメラ検査の予約をした。

 1999年頃に勤務途中トイレに行って下血があり、今思うと鮮血で和式トイレが真っ赤になったから、切れ痔の一種では無いかと思うが、痛みは無く、内科医に診てもらってもはっきり分からなかったので、北海道消化器科病院を紹介され、初めての大腸カメラ検査を受けた。それから2年ごとに検査を受けている。父が晩年に直腸がんで手術を受けたから、自分もその傾向を十分に持っているだろうからだ。最初の時はポリープが見つかり、念のため切除したような気がする。入院はなかったが、しばらく重い物を持たないように言われた。
 2007年位から、行きつけの病院でも検査が出来るようになり、歩いて行けるからずいぶん楽になった。
 2009年からは、自宅で午前中下剤2Lを飲み、それから病院に行くようになっている。前々日に夜寝る前に下剤を飲み、前日は検査食だ。
 検査の時には大腸内の便はほとんど無いが、憩室が結構あるので、その中に少し残っていたりしていて、少しかっこが悪い。まあ、ほぼすべての便が出ていることは確実だ。
 一般的に、大腸内には2キロ弱の便が有り、1gに100億から1000億の腸内細菌が含まれているそうだから、総体で1000兆個の細菌がいることになる。いわゆる善玉菌と悪玉菌と区別されるが、実は最も多いのはそのどちらでもない日和見菌で、悪玉か善玉かどちらか多い方に加勢するそうだ。
 ただ、どんなに下剤を使っても殺菌するわけではないから、腸内に少しの細菌は残る。それがまた消化された食物を餌として増えるわけだから、これを機会に、腸内細菌の健全化を考えた。
 すぐ思いつくのは乳酸菌の摂取で、2011年のがん治療以来、朝食はシリアルと牛乳だから、ヨーグルトを加えてみることにした。扱いやすそうなのは「飲むヨーグルト」で、とりあえず、昔からある「ブルガリアのむヨーグルトLB81」を買ってきて貰った。1日100gで、・腸内細菌のバランスを整える、・お腹の調子を良好に保つ効果があるという。
 まだ検査までは期間があるが、慣れておくのは悪くはない。また、あまり効果が無いようだったら、別な乳酸菌に変えてみる。乳酸菌によって、その人に合う・合わないがあるらしいからだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

陸上競技大会 [学校]

 本校では、久々の円山競技場での開催。

 施設も良いし、生徒も地下鉄のみで行くことが出来るので、毎回円山でも良いのだが、いかんせん抽選で当たらないと、使えない。これまで最も多かったのは、野幌の道立競技場か。バスが必要だし、席はただの芝生であり、設備も壊れたものがなかなか改修されていない。厚別も使ったことがあるが、生徒が行きづらい。
 ともあれ、今年は生徒係なので、地下鉄で生徒の動向を見つつ、しんがりを追いかける形で、競技場まで行った。日中は、予報通り30度の真夏日。雨も無し。5分ほど遅れて終了。帰りも、地下鉄で。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

新明解国語辞典 [学校]

 新明解国語辞典第3版を、Yahooオークションで手に入れた。500円だった。

 第3版(1981年刊)が特に有名なのだが、第2版(1974年刊)にもかなりぶっ飛んだ語釈がある。新明解で、最初にこの第2版を買ったのは、1979年で大学4年の時だ。以前、高校時代と勘違いしていたが、自分で書いた日付がある。買った理由はよく分からないが、多分他の辞典には無いアクセント記号が着いているのが、気に入ったのだろう。
 さて、何気に「おやがめ」【親龜】の項を見ると、こうある。

 親に当たる大きなカメ。「〈速口言葉で〉ーの背中に子ガメを乗せて、子ガメの背中に孫ガメ乗せて、孫ガメの背中にひい孫乗せて、ーこけたら子ガメ・孫ガメ・ひい孫ガメがこけた」[右の成句にたとえを取って、国語辞書の安易な編集ぶりを痛烈に批判した某誌の記事から、他社の辞書生産の際、そのまま採られる先行辞書にもたとえられる。ただし、某誌の批評がことごとく当たっているかどうかは別問題]

 これは果たして、「普通の小国語辞典」に載せるべき語であるのだろうか。ましてやその語釈は、冗長でかつ他者にケンカを売っているようだ。この「何かヘン」と言う感覚が、新明解を買い続ける結果となったのだろう。ただ、マニアでは無かったので、2,4,5,6,7巻は手に入れたが(ほとんど古書店にて。書店で購入したのは2冊だけ)、3巻がやっとこの度手に入ったので、初版以外は揃ったことになる。なおこの「おやがめ」の項は他の巻には載っていない。ただ初版は入手していないので、確認のためにも機会があれば手に入れたいものだ。こうなるともうマニアと言われるかもしれない。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

休日出勤 [学校]

 土曜日は、久々の休日出勤。

 テスト採点のやり直しと残りを。2クラス分のノート・ワーク点検。
 
 職場に行く前に、北34条の郵便局で、JEI(Japana Esperanto-Instituto 日本エスペラント協会)へ本の代金の払い込み。ここのATMは普通の払込用紙で出来るのだ。時間も、土・日・祝は、9時から5時までやっている。平日が5時半までと言うのが少しきつい。
 帰りは、札幌駅近くのTSUTAYAに行き、会員証の更新手続。ここでは無料だった。以前の店では有料(確か300円)だったが、レンタル券かガイドブックのいずれかをもらえたが、それは無し。店でレンタルすることはほとんど無いのだが、TSUTAYAのDVDの宅配サービスを利用するのに会員証が有効でないといけないのだ。これで2018年7月31日まで有効になる。TSUTAYAも店舗が減ったのではないか。以前は篠路にもあったのだが、それが無くなり、札幌市北区内では3店舗になってしまった。
 久しぶりに紀伊國屋書店に寄る。本よりステイショナリーが目的だったが、ほんの少ししか置いていない。ノート点検用の検印が欲しかったのだが、いい物が無い。小さなスタンプをQUOカードで買い、会員証を作りますか、と聞かれたので、もらった。まず使うことはないだろうが。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

行事の重複 [学校]

 今日は、2年生が宿泊学習の出発日。3年生は体育大会だ。

 従って、1年生のみが授業となる。この時期は、1年野外学習(炊事遠足)、3年修学旅行と続くので、変則的な時間割となる。要は、授業ができる教師がその学年だけなので、同じクラスに2度行くこともありうるわけだ。もちろん体育館は使えないので、体育の授業はできない。保健の授業は可だが、進度の問題も出てくる。
 ともあれ、今日は好天で良かった。土・日は雨降りで、市内ほとんどの小学校は運動会だったのだが、日曜日の午前中までは何とかやって、午後延期となったところが多いようだ。
 かつ、先生方の健康診断が入ってくるので、時間割が毎日のように訂正版が出てくる。
 来月15日が定期テストなので、残り時数を勘定した。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

ちょっと担任 [学校]

 同僚が、先週階段で怪我をして、肉離れで全治2~3週間との診断となった。

 松葉杖をついて学校には来ているが、授業は極力2階の教室で行い、担任学級は4階なので、朝の会、給食には、副担任の私が行っている。
 にわか担任も結構忙しいものだ。ただ、授業でしか会っていない生徒の日頃の行動が見えて面白い面もある。
 こんなことがあると、学校にエレベーターがあると本当に助かるのだが。札幌市内では、支援学級があるいくつかの小学校には設置されている。普段生徒は使わないが、階段昇降が困難な生徒が多く見込まれる場合は設置するようだ。
 中学でも、車椅子利用の生徒が入って来た場合、市教委から階段昇降機を借りることができるが、使い方が面倒で、時間もかかるので、あまり利用したことを見たことがない。ましてや教師が怪我をした場合は、周りが配慮しなければならない。
 教員の怪我は、それほど多くは無いが、人間だから無いわけではない。アキレス腱の切断が良くあったが、スポーツで頭部を強打し硬膜下血腫になった例もある。
 ともあれ、早く良くなり不自由さから解放されて欲しいものだ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

着任式・始業式 [学校]

 旧1・2年生が登校してきて、着任式と始業式だ。

 今年は、昨年の教頭が昇任し校長へ。新教頭から、今年から始めてはいる図書館司書までの紹介。
 続いて、始業式。終了後、明日の入学式へ向けての会場準備。教室移動の後、新学級発表だ。
 午後は、職員会議の積み残し。各種委員会。雑務。
 今日も定時に帰った。道路の雪はすっかり消えた。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

春季休業 [学校]

 今年の春季休業は5日間だった。

 動向表を出さなければいけないので、いつもなら自宅研修で出すのだが、30年勤続のリフレッシュ休暇(特別休暇)3日分と通常のリフレッシュ休暇2日分があったので、全部休暇で出した。
 一応数学科代表なので、数学準備室の片付けくらいはしたいのだが、4階なので1階までゴミを運ぶのは腰を痛めそうで、止めた。異動する先生の私物も結構あったので、4月になってから見てみることにしよう。まあ、ようは要らないものを捨てるだけなのだが。4階のちょうど真ん中にあるので、学校祭が終わったりすると、数学科とは全然関係ない、必要の無くなったペンキとか段ボールとかが、なぜか置かれてしまうのだ。それと毎年溜まるのが、次年度の問題集見本。教科書も変わったので、昨年度までのものはすべて捨てていいのだが、重くて運ぶ気がしない。
 来年入る人が若ければ、ずいぶん助かるのだが。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

送別会 [学校]

 修了式の夜は、恒例の送別会だった。

 単なる異動、定年退職、定年退職後再任用、期限付き教諭で退職等、昨今は送る方も送られる方も立場がそれぞれ違うので、対応が難しい。
 今回はドクターストップで、ウーロン茶だけ飲んだが、食事はまんべんなく食べた。
 新体制は4月3日から始まる。一応校内人事はほぼ確定しているが、学年、教科、校務部も変わるので、また結構てんやわんやとなるだろう。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

校内人事 [学校]

 異動の内示が出ると、校内人事が始まる。

 先々週くらいからか、校長室に個別に呼ばれる人が出てきた。今年は、定年退職者を含め、12人くらい変わるから、入ってくる人の希望・適性も考えると、校長の仕事とは言いながら、なかなか難しいものだ。
 それでも近年は、春休み前にほぼ分かるようになった(期限付きが決まらない事が多い)からまだマシだ。私が30年前に2校目に異動したときは、事前に話も何もなく、4月1日に初出勤したら、いきなり3年担任の席が用意されていた。もう少し何かやりようがあったと思うが。その年は、3年が1学級増となり、残っていた教員の中で新担任をやるものがいなかったのだ。教員4年目だったが、経験が無いとは言え、出来ないとは言えず、そのまま3年担任となって、初めての卒業生を出した。今は45歳になっているはずだ。生徒によっては、子どもがまだ中学生だったりすでに成人をしていたり、様々だろう。当時、吹奏楽部にいた卒業生たちとは、何年か前に二度ほど呼ばれて合ったことがある。何となく、毎年、どこかで飲み会をしているそうだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

弁当完食 [学校]

 1年に2度ほど茶話会から弁当が出る。

 給食が無いときだ。陸上競技大会、卒業式など。
 今日は卒業式で、弁当の日だった。茶話会だから所詮自分たちで月々集めたお金の中から買っているのだが。
 復職支援プログラム中の1月26日から学校給食を食べているが、ずっと完食を続けている。今回の弁当も何とかいけるかなと思っていたが、時間はかかったが、全部おいしく食べることが出来た。
 2010年に中咽頭癌の治療で、酷い口内炎と味覚喪失で食物を口から食べることが出来なくなり、胃瘻を作って栄養剤で2ヶ月ほど過ごして以降、胃が小さくなってしまったのか、食事を人並みの量を食べたことがなかった。(2013年の顎の離断手術の時も、鼻からパイプを胃まで入れて、2ヶ月ほど3食栄養剤だった。水だけは口から飲めたが。)家族と食堂に入っても、半分くらいしか食べられないので、残りは最初から家族に分けていた。それから、6年経ってやっと人並みに食事が出来るようになってきたようだ。歯も早く治さないと。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

復職辞令 [学校]

 昨日だったか、校長から辞令交付の伝達があった。

 (発令事項)復職を命ずる 平成29年3月1日 札幌市教育委員会

 復職辞令をもらうのは2度目だ。最初の癌の時は、無かった。傷病休暇制度が変わったせいだろうか。最もこの辞令は、地方公務員法に基づくものだから、関係なさそうだが。
 ただ、完治となったわけではなく、職務に耐えられるとの判断を健康審査会が行って、教育委員会が認めただけだから、うつ病の治療はまだ続く。問題なのは、同じ薬を飲んでいても、気分の上がり下がりがあると言うことで、今は多少下がり気味であることが自分でも分かる。これを上手く調整しないと、また体が動かないようになってしまうのだ。先はまだ長い。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

職場復帰 [学校]

 2月27日に教育委員会の健康審査会があり、職場復帰が決定されたという。

 正式には辞令が出てからなのだが、28日の朝に校長から伝達があり、3月1日から通常勤務している。やることは基本的には変わらないのだが、1クラス分を別な数学教師が持ってくれていたので、校長の話だと、今年度一杯はそのままで行くそうだ。定期テストも終わり、評価点検も終わっているので、後は、教科書をこなすだけだ。
 ただ、睡眠薬のせいで、日中も眠くなるのが困る。座っていると、特に作業が無い限り眠ってしまうのだ。今寝る前に飲んでいるクアゼパム錠15mgは、効果持続時間が12時間と非常に長く、血中濃度が半分になるのに、36時間かかるという。だから、少し安静にしていると寝込んでしまうのだ。これは今後の問題だが、テスト監督の際は、座らずに立ち歩いていなければならないかもしれない。
 その割に、朝は5時前には起きるのだから、睡眠薬と言うよりは、抗うつ剤の効果の方が高いのだろう。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

市教委の授業観察と精神科医の復職面談 [学校]

 17日には、市教委から1名担当者が来て、授業観察をしていった。これも復職プログラムの一環。

 本日21日が、市教委指定の精神科医による「復職面談」で、指定された時刻に市立札幌病院まで行った。職場からは列車で行くのが一番近そうなので、早めに給食を食べ、新川駅まで歩く。15分ほどだった。1階の受付で聞くと、眼科には長く通っているのだが、精神科は初めてなので、初診扱いとのこと。市教委からの紹介状があるので、初診の手続をまずする。
 その後2階の精神医療センターに行き、また受け付け。ここでは問診票を3枚書く。時間通りに診察。最近の様子を聞かれる程度で、特に込み入った話はなかった。この先生も教育委員会の「健康審査会」のメンバーで、会議は27日に行われるが、まあ問題無いでしょう、とのこと。
 風が強くなってきたので、支払いを済ませた後、列車で札幌駅まで行き、そこから地下鉄・バスで帰る。

 復職プログラム(正確には「職場復帰訓練」)は、2月末まで続き、基本的には「健康審査会」で復職の判断が出れば、3月1日から復職になる。以前もらった辞令には日付と、(発令事項)としてただ一言「復職を命ずる」だけだった。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

乗り継ぎ料金について [学校]

 昨日学校帰りに地下鉄の駅で、駅員さんに教えて貰って、SAPICAの利用明細を取った。

 発券機で明細を取れることは知っていたが、やり方が分からなかったのだ。やってみると案外簡単だが、手順の表示があまり無いので、一回は教わる必要がある。面倒なら、駅の事務室にSAPICAを出せば、明細を出してくれるそうだ。事務室からのものの方が多少大きいという。ただし、どちらも直近から20回分しか出ない。日にちで数えると一週間分くらいだ。
 オートチャージにしているから、カードが破損しない限りずっと使い続けられるのだが、どんな風に乗降したのかは、クレジットカード会社の明細を見ても分からない。残高が千円を切ったときに千円がチャージ(引き落とし)されるだけだからだ。
 それで、今回良く明細を見てみると、乗り継ぎ料金の仕組みがよく分かった。家からバス、バスから地下鉄、地下鉄から学校近くの地下鉄へと途中1回乗り継ぐのだが、
 行きについては、バス(210円)→地下鉄(乗り継ぎで200円の所120円)→地下鉄、で計330円、帰りは、地下鉄(200円)→地下鉄→バス→バス(乗り継ぎで210円の所130円)、で計330円となって、往復660円だ。
 これが通勤定期を買うと、バス1区地下鉄1区で一ヶ月13800円だ。定期を使わずにSAPICAで月21日間通勤すると13860円で、通勤定期の方がもう少し安くなるのかと思っていたが、ほとんど変わりが無い。もっとも通勤手当としては安い方を支給するので、定期を買って下さいということになるのだろうか。21日間/月というのは、1年365日から土・日・祝日を引いて12で割った過去10年分の平均が20.6日だからである。まあ支給されるのが定期代分で、面倒で通勤定期を買わなくてもその方が60円ほど出費が多くなるのだから、市教委も文句は言わないだろう。ただ、たまに監査が入るから、明細を取って置く方が安心だ。それも一月分はいらない。月の半分弱を自家用車で通っても問題は無いのだ。どちらが高くつくかは、ガソリン代にもよるが。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

寝過ごし [学校]

 帰りのバスで寝過ごした。終点ですよ、と運転手さんに起こされた。

 まあ、路線バスだから、終点までいつも降りるバス停から4つめ。歩いても、自宅までは15分くらいで着く。いつものバス停なら7分で着くから、まあ2倍くらいのものだ。
 あまり寝過ごしたことはないが、高校時代、愛別から学校のある旭川までは列車で終点だから寝過ごすことはないが、その逆に、旭川から出て、自宅のある愛別駅を寝過ごすと、大変なことになった。
 次の駅が中愛別で、路線図では6.1kmとある。当時の時刻表がないので、今のもので代替すると、
 旭川16:14→愛別17:24→(6.1km)→中愛別17:31
 さてこの後の上りの列車は、
 中愛別19:10→愛別19:16 1本しかないのだ。当時も状況はあまり変わらない。1時間半を中愛別駅で待つか、6.1kmの夜道を歩いて帰るか。国道39号線と言っても山の中である。当時の私は、歩いて帰った。時間的にはあまり変わらないような気がするが。まあ、でも、身にしみた痛さは忘れないもので、寝過ごしたのは、これを含めて2回だったと思う。とんでもなく寝過ぎたら、普通列車の終点は、上川だから、愛別からは19km。現行では、晩では普通列車で、上川18:53→愛別19:16の1本しか無い。列車なら23分間だが、歩いたら5時間くらいかかるだろう。運が良ければ、ヒッチハイクが出来るかもしれないが。
 しかしまあよく通ったものだ。部活をやっていたから、通常は、18:05位の列車で帰っていたはずだが、家に着いたら、19:30。朝は、7時くらいの列車に乗らないと間に合わないから、起きるのは6時過ぎだったろうか。日中はとにかく眠たかったのを覚えている。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

「復帰プログラム」開始 [学校]

 精神疾患から職場復帰するためには、単に主治医の診断書だけではダメで、校内での「職場復帰訓練」を計画・実施し、途中教育委員会からの視察、主治医以外の精神科医の診断を経て、教育委員会の健康審査会で、判断される。
 今までは身体的な病気で長期休職して、職場復帰の際は、主治医の診断書のみで良かったのだが、いつの間にか?メンタルな病気の場合は、そういうことになったようだ。
 今日は教頭と、2ヶ月に及ぶ訓練計画の提示と、内容について話があった。また、今は代替の先生が来ているので、ロッカー室に移動しておいてくれた私物の整理をしなければならない。
 これから数週間は週2~3回、学校へ行っての訓練だが、2月に入った頃からは終日となる。体が上手く慣れてくれたらよいが。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

陸上競技大会 [学校]

 小雨の中、陸上競技大会だった。

 場所は、道立野幌総合運動公園内の陸上競技場。道立と言っても、フェンスはガタガタになっているし、観客席は露天で芝生。競技場周辺にある3つの外部トイレも1つは、内部がほとんど使えない。今年は計時台も使用不可能だった。壊れても修理ができないようだ。道の財政の厳しさ故か。
 わたしにとっては2年ぶりの陸上になる。昨年は休み明けの実施で、休み中に入院してしまったので、何の手伝いも、見ることすらも出来なかった。ここ数年はあまり天気に恵まれていない。昨年も途中雨が降ったという。今年は、朝から小雨で、野幌に着いたときは止んでいたが、途中幾度か弱いながら降った。生徒係で副担なので、もっぱら車道を挟んだトイレに行く生徒に注意をした。車は頻繁には通らないのだが、横断歩道が無いので、止まらない。左右を確認して車道を渡るよう事前指導してあるのだが、走ってきてろくに確認もせず車道に飛び出す生徒もいる。何度か危ない場面にも遭遇した。
 競技は10分遅れくらいで終了。また小雨になったので、学級・学年の記念撮影は3年のみとし、1・2年は閉会式終了後、すぐバスへ。高速を通り、学校帰着は、3時50分頃となった。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

夏休みの課題 [学校]

 1年数学科の夏休みの課題を印刷した。

 昨年と同じ11枚のものを両面印刷で170部、1870枚。休みで他に使う人がいなく,印刷機2台を同時並行に使えたので、印刷に要した時間は1時間くらいか。その後綴じるのに、丁合機で30分くらい、電子ホッチキスで綴じて1時間くらいだろうか。学校にある丁合機は10枚までしか入らないので、11枚は手で取って後に加えて綴じることになる。
 まあ何とか1年生徒全員分ができた。後は、ちゃんと夏休み中に勉強してくれるかだ。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

30年勤続表彰 [学校]

 札幌市教育委員会から30年勤続表彰を受けた。

 貰ったものは表彰状と表彰者名簿。記念品はずいぶん前から無くなった。ただ、特別休暇として「リフレッシュ休暇」が7月1日より1年間で3日取れる。

 1984年からの勤務だから、本当は2013年で30年勤続になるのだが、途中5年間を組合専従で休職したので、30年勤続表彰の場合は、これを半分の2.5年勤続と算定するのだそうで、従って3年遅れの今日となった。3年前なら、表彰者名簿には、同級生の名前が載っていただろうが、今回のものには、後輩の名前が少し見られるだけだ。
 20年勤続表彰の時は、5年の組合専従休職期間も勤務年数に含まれていたので、30年の場合がなぜ違うか分からないのだが、多分北教組と道教委の過去の交渉の結果なのだろう。札幌市教委採用の教員は、道費負担職員となり、任命権者は異なるのだが、給与は国と道から出ることになる。従って、道教委との交渉確認事項が生きているのだ。しかし、次年度からは、札幌市が、政令指定都市による「義務教育費国庫負担法」の「市費移譲」により、給与、手当等が色々改定されるので、他のものも多少変わるだろう。

 大学を、北大と北教大と2つ行っているので、ストレートに大学を卒業して就職した人より4年遅れて教員になり、4年分を合算すると回り道が無ければ本年で37年目となる。来年1年過ごせば定年だ。

 今更という表彰だが、朝会で、ありがたく校長から市教委からの伝達表彰を受けた。勤務半ばで、中途退職となった同僚を何人も知っているからだ。
nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:学校
メッセージを送る