So-net無料ブログ作成

退院予定 [健康]

 5時半から、主治医の先生お二人と、妻との4人で、今までの治療経過を確認し、今後のことについて話し合った。

 治療計画は予定通り、こなすことができ、かつ、食道がんについては化学療法が効果的で、患部が消滅しているのは、喜ばしい。ただ100%の治癒とはまだいえないので、第三内科で3月末にまたカメラの検査を行う。
 喉のがんの方は、まだ患部周辺が炎症を起こしているので、確定的にはいえないが、十分治療の効果は上がっていると思える。今後は、まず1年間は数ヶ月に一度CT検査、半年に1度くらいPET検査で転移がないかを見ていく。
 予防的治療は、様子を見て検討することにする。

 退院は、もう何時でもかまわないといわれたが、妻と話をして一応来週の月曜(2月7日)を目処とすることにした。
 生検のため、最初に入院したのが10月の半ばだったから、足掛け5ヶ月、およそ100日間の入院だったことになる。
 退院といっても、まだ普通の食事を取ることができないので、自宅で、栄養剤を主としながら、気長に療養することになる。味覚のほうは、どれくらいで回復するかはわからない。味覚が不十分でも食べ物を飲み込むことはできるが、実際のところは、味の感じないものを嚥下するのは非常に難しい。特に、味がよくわかっている食べ物こそ、食べてみて砂をなめるようなものであったら、食欲は、極端に減退する。味覚は、個人差が大きいので、何ともいえない。さりとて、100%回復するまでは到底病院にはいられない。
 この点、「胃ろう」は扱いが簡単なので、家庭でも自分でできるのが退院の要となる。これが、静脈への栄養点滴なら、家庭では不可能だろう。ただ、量が多くなるのが面倒だ。日に1食分3袋とすると、1週間で3袋×3回×7日分=63袋必要になり、これは、ちょっとした段ボール箱2箱分になる。粉末タイプもあるというが、どちらが面倒だか、考えなければならない。
nice!(3)  コメント(4) 

左足首の具合 [健康]

 考えたら、前の外泊から2週間となる。

 帰りは日曜日だったが、ひどい天気で、かつ歩道にまで雪が積もり、滑って転倒した。
 そのときに左足首をひねり、転んだ当初は、どうなるのか、と一瞬思ったが、なんとかバス・地下鉄で病院まで戻ることができた。思ったよりは、痛みはひどくならなかった。
 病院に戻ってそのことを告げると、湿布を出してくれたが、数回使用しただけで、なんとなく治ったように思う。
 人間の体というのは、忘れたころに治っているから、不思議なものだ。

 今朝の回診では、喉の奥までカメラで見てもらったが、がんの患部以外もきれいに焼けていて、炎症が続いている状態だという。時おり、夜に体温が38度を超えるまで上昇するのも、そのせいと思われる。
 ただ、先週は、放射線治療が終了した週でもあり、いまより、かなり喉の調子はひどかった。それまでは、何とか続けていたゼリーも食べられなくなったくらいだったが、そのゼリーも2日ほど前から、口に入れている。

 忘れたころには、何でも食べて飲めるようになってくれていたら良いのだが。
nice!(3)  コメント(4) 

体重測定 [健康]

 病院の起床時刻は6時で、トイレに行った後、体重を量る。

 一般的には、週1度なのだが、抗がん剤治療時には毎朝量った。それが習慣になって、今も毎朝量っている。今は栄養剤と他に摂取した水の量を比べるのに、必要な目安になっている。

 10月に2度検査入院して、11月に治療に入り、結果的に再々入院したわけだが、10月段階から、およそ4キログラム減って、今はおよそ57キロだ。運動をしていないので、こんなものかな、とも思う。今や主たる栄養は栄養剤だから、脂肪とたんぱく質は必要量ぎりぎりなのだろう。人間、こんなものでも生きていられるのだ。

 栄養剤で生きているというと、傍目からは大変なように思われがちだが、胃ろうからの栄養剤摂取は苦痛を伴わないので、食物を飲み込むときに苦痛を伴う状況よりは、ある意味数十倍も楽なのだ。煩わしいのは、30分程度点滴棒につながれることで、これも、静脈点滴に比べると、はるかに楽だ。中断も簡単にできる。もちろん、口から食べることができれば、そちらに勝るものはないが。
nice!(3)  コメント(4) 

時間割作成ソフトのバージョンアップ [学校]

 先週、教務代表の先生がお見舞いに来てくれた際、話題にしたが、ご存じなかった。

 気になっていたので、会社のほうへ問い合わせたところ、すでに申し込みが終わっていて、近々発送する手はずになっているとのこと。
 一昨年事務職員が変わったが、教務部予算にも入っていることから、今年度も問題なく手続き終了していたようだ。こういう時にも、すべて一人でやっていると、その本人がいなくなったとき、何がなんだかわからなくなってしまう。

 職場では、年度末反省もそろそろだろうか。まだ1月ではあるが、2月に入るとすぐ3年生は私立高入試だし、昨日は公立高当初倍率も発表になった。まさしく、年度末が近づいている。
nice!(2)  コメント(1) 

病室TV の怪 [健康]

 電源を切ったはずのTVが知らぬ間についていたり、目の前で、チャンネルがどんどん変わっていったりする。

 相手は機械だから、原因がわかれば対処のしようもある。
 看護師さんに言っておいたところ、新しく入ったTVのリモコンが無線(赤外線?)なので同室の他のリモコンの操作に反応してしまうようだ。切ったはずの電源が入るのはこれで説明がつくのだが、目の前でチャネルが変わるのは、どうも説明がつかない。

 こういった時、業者を呼ぶと、なかなか同じ現象がおきないもので、結局は泣き寝入りになることが多い。
 さて、今回はどうなることやら。
nice!(3)  コメント(2) 

睡魔がまさる [健康]

 昨日の検査疲れだろうか、朝の回診も一度呼ばれたようだが、寝てしまったようだ。

 赤血球が少ないことを指摘されるが、これは、抗がん剤治療が始まって以来のことで、特に今まで何かを言われたことはない。何も処置しなかったし、今後もあまり変わりないだろう。
 ともあれ、少し安静を続けることとなった。

 テレビで、ダーク・ダックスの昔の公演を見る。「青葉城恋歌」を宣伝中と言っていたから今から30年近く前のショーか。

 6時半ころ、校長が来る。学校近辺は大雪で、排雪もあまり進んでいないようだ。
nice!(3)  コメント(2) 

食道がんの状況 [健康]

 内視鏡検査に、10時半ころ呼ばれた。

 血圧を測り、事前準備に。喉に麻酔薬を3分間含ませるが、いつもと変わりはない。

 案の定、ファイバーが通るときは痛かった。普通に痰を吐くときでも血が混じって痛いのが、黒いチューブが入ってくるのだし、あがなえない。
 それでも、喉と食道全般を見て、検査は20分ほどで終わった。
 検査後、診察。
 食道がんのほうは、消滅しているという。少なくとも、画像には出てこない。これが、数ヵ月後に現れることもあるので、3月末にまた再検査となった。仮に出てきても、内視鏡で取れるという。
 喉のほうは、全般的に放射線で焼けているので、はっきりとは分からないが、消えているようだという。こちらは、耳鼻咽喉科の先生から、喉が落ち着くのに4~6週間くらいかかるといわれているので、そのころ再検査となるのだろう。
 一応、想定どおりの結果となっていることに安心しよう。
nice!(3)  コメント(2) 

内視鏡検査 [健康]

 第三内科から呼ばれて、明日午前中なら空いているので、咽頭部と食道の検査を行うという。

 まだ喉が痛いことは医師に言ったが、大丈夫なのだろうか?

 患者としては、患部がどうなっているかは早く知りたいところではあるが。
 もっとも、喉の方は放射線を当てているが、食道は当てていず焼けてもいないので、見ればある程度のことが分かることは期待できる。抗がん剤治療は、同じ種類のがんなら体のどこにあっても効き目があるから、食道のほうはかなり小さくなっているか、あるいは消滅している可能性もあるのだ。
nice!(2)  コメント(0) 

氷の有料化 [健康]

 今までは無料だったディ・ルームの製氷機が有料となった。

 プリペイドカードで、1回20円。どのくらいの量が出るのかは、ちょっと試すのが恐ろしくて、まだやっていない。

 前の製氷機は無料ではあったが、たくさん使用すると、氷が出てこないということが頻繁にあった。有料でも、確実に手に入るのなら、それはそれでよいとは思うが、果たして1回20円という料金が適切なのかどうかは、よく分からない。
nice!(3)  コメント(3) 

韓国ドラマ「夏の記憶」? [雑感]

 たまたま衛星放送で流れていたのを、途中飛ばしながら見ていたので、タイトルすら定かではない。

 ヒロインは小学校の司書で、男は大学生のようだ。
 学生運動、あるいは政治闘争に巻き込まれ、投獄されたヒロインは、男の努力で出獄する。
 どこかで食事をと、駅まで行った二人だが、具合の悪い彼女のために薬を買いに行っている隙に、彼女は一人で身を隠してしまう。
 何年も彼女を探し回る男。ある時、彼女が元気に生きている証である二人だけにわかる「暗号」が男の手に入る。 こんなストーリーなのだが、正確にはなんと言うタイトルなのだろうか。
 エンドロールまで見ていたが、ほとんどハングルなので、何と書いてあるかわからない。不思議だったのは、主題歌?あるいはエンディング・テーマなのか、流れる歌が日本人が歌う日本語だったこと。

 恋愛ドラマなど、まったく見たことがなかったが、久々に気になったドラマだった。あるいは、飛ばし読みのほうが、想像力が広がって良かったのかもしれない。
nice!(2)  コメント(4) 

朝の回診 [健康]

 しばらく回診では、喉の奥をファイバーで見ることがなかったが、今朝見てもらうと、ずいぶんきれいになっているという。

 まだ、断定できる段階ではないが、原発は消滅したと考えています、と主治医は言う。
 この分では、来週末か再来週には退院を考えてもよさそうだという。
 食道がんの診察がどうなるか、第三内科となるので、予想がつかないが、調整がつけば、案外早く退院となるかもしれない。
 食道がん自体は、見つかったときで、ステージⅠの初期といわれていたので、抗がん剤の治療によって、消滅している可能性も高いと言う。
 ただ、手術となったとしても、内視鏡でできるし、2日間ほどの絶食で済むので、入院が必要かどうかは不明。内視鏡手術は結構込んでいるので、今日段階では、日程の調整はつかなかった。

 喉の痛みの方は、まだ続いているので、昨日から、鎮痛剤のパッチの量を2mg増やして6mgにしてもらった。単に気持ちの問題かもしれないが、多少は効いているような感じ。
nice!(3)  コメント(2) 

放射線治療35回目終了 [健康]

 今日はいつもより早く放射線科から呼ばれ、9時前には地下1階に着いた。

 予定の35回目、終了だ。いつもどおり、3方向から左・右・正面と照射。10分もかからずに終了。
 総線量は、2×35=70グレイ、となる。
 終わってから、看護師さんから、あと一ヶ月間は前からの諸注意を守ってくださいね、と言われる。

 首を改めて見ると、きれいに赤黒く焼けている。あと何週間かしたら、皮膚もぺろりと剥けてくることだろう。
nice!(3)  コメント(3) 

有料テレビ [健康]

 病室のテレビが地デジ対応となり、衛星放送も見ることができるので、なんとなく見ている。

 選択肢がほとんどないのもいい。何日か前に、NHKのドキュメンタリーで、オペラ歌手の五十嵐さんの特集があった。10年前に撮影されたものだが、当時すでにハイビジョンがあったものだろうか。久々に感動した。

 喉の具合は依然よくない。黙っていたらよいのだが、たんやつばがたまると苦痛になり、飲み込むと激痛となるので、日に何度となく、つばを出す。日中はまだよいのだが、夜寝ているときに、口の中につばがたまり、呼吸がしづらくなるのには困る。やはり、夜中も何度となく起きて、つばを吐き出したり、うがいをしたりする。

 微熱はまだ治まらないが、38度を越えることはなくなった。昨日よりは少しよくなっている、そんな感じだろうか。

 妻と娘が来て、家の周りの除雪も進んでいないという。いつもは遅れることのないバスも、しょっちゅう遅れるという。札幌もそうだが、江別・岩見沢あたりも、排雪が追いつかずに大変なようだ。いきなり大量の雪が降ると、日常生活も乱れる。
nice!(3)  コメント(4) 

ほぼ平熱へ [健康]

 瞬間的には、38度を超えた熱だが、アイスノンのせいか、大体平熱に治まってきた。

 直接発熱とは関係ないが、先日の血液検査の結果では、赤血球が減少しているそうだ。それなりに、化学療法等でのダメージを体が受けているようだ。しかし、放射線のほうは後2回で終了するので、継続するという。
 苦痛ではないが、息苦しいときには、あのマスクをかぶって見えない中でじっとしているというのが、時に不安に変わる。鼻か口から呼吸はできるのに、息苦しさがつのるのだ。
 まあ、それでも、後2回だ。
nice!(3)  コメント(3) 

だるい1日 [健康]

 朝、起床時刻前に、なんとなく体がだるいので体温を測ったら37.7度だった。

 それでもっぱらうつらうつらベッドの上で過ごしていたが、昼前に測ると、36.6度。だが、だるさは取れない。
 晩にまた測ったら、37.7度だった。さすがに、アイスノンを出してもらった。日に3度飲んでいる鎮痛剤に、下熱効果もあるので、特に薬の追加はない。頭を冷やすと寝やすくなった。

 外は大荒れの天気のようだ。体の回復も一進一退があるのだろう。
nice!(3)  コメント(2) 

転倒 [健康]

 特に急いでいたわけではないが、おりからの雪と路面の悪さで、転倒してしまった。

 家からすぐのところだ。左足首が少し痛い。倒れたときは、どうなるかと思ったが、案外軽かったのか、特に不自由なく病院まで戻ることができた。
 病院についてから、報告すると、若い医師が来て、見てくれたが、大きな問題はなさそう。
 病院生活も長くなると、筋肉も弱まってくるのだろう。倒れたときは、痛さよりも情けなさで涙が出そうになった。

 病院での治療も、来週4回の放射線で終了となる。金曜日が放射線科の診察。
 終了後1週間くらいは、副作用が続くようだ。
 治療の終了にあわせて、退院に向けての準備をしなければならない。
 最も急務なのは、食事だが、当面再来週くらいから、口から取ることを心がけよう。現行、鎮痛剤を毎日使っているので、その量をどのくらい減らすことができるのかも、今後の課題となる。
 いずれにせよ、治癒の評価は4週間から6週間を経ないとできないので、そこまでの入院はできない。退院をあせってるわけではないのだが、まだ普通の生活ができないがために、先のこともあまり見通しがもてない。
nice!(3)  コメント(4) 

外泊 [健康]

 久々の外泊、一時帰省だ。

 年末は、体温が38度を少し超えたのと、炎症反応が高かったので、大事をとって、病院で大晦日を過ごした。

 バス停や家の周辺も結構な雪だ。ここ何日間で集中的に降ったせいか、排雪が追いついていないようだ。
 息子や妻も、車の雪払いはそれなりにやっていたようだが、隣の塀との間の雪は、車を移動しないと出すことが出来ないので、そのまま。戻ってすぐに、車を家の前に移動する。娘は、まだ仮免許なので、車の移動は出来ない。
 妻と買い物に。なんだかんだ言って、戻ると6時を過ぎていた。

 明日は、午後には病院に戻る。妻に、病室でBSを見ることが出来るようになったと言うと、月間の映画放映表を探してくれた。
nice!(3)  コメント(3) 

病室も地デジ化へ [健康]

 年代わりから、病室の有料テレビも地デジ化への切り替えが進み、下の階から進んできたのか、やっとこの階までやってきた。

 少し前の小学生の学習机のような感じ。
 テレビが変わっただけではなくて、キャビネット自体が変わったのだ。しかも、冷蔵庫までついてきた。これも有料。1日100円だという。

 映像は確かに美しい。しかも、BSも同じ値段で視聴できるという。日ごろ、テレビは見ないのだが、何気に電源を入れてしまう。
 連続物は、見ることはないだろう。だが、単発の特集は、見ていて楽しい。
nice!(3)  コメント(3) 

12月の入院費165万円です [健康]

 12月分の請求が来た。10割負担、あるいは保険が適用にならないと165万円になる。

 公立学校の教員の場合は、全員が公立学校共済組合に強制加入となるから、いわゆる「健康保険」の扱いはこの機関を通してとなる。
 現行は組合員は3割負担だし、高額医療と認定されると差額が2ヵ月後くらいに自動的に指定口座に振り込まれる。それにしても、50万円近くを病院窓口に払うのはきつい。そこで、あらかじめ、高額医療費と見込まれる場合、手続きをしておけば、病院窓口で払う額は少なくてすむ。わたしの場合は、今回11万くらいだった。さらに、同じ共済組合内でも別の還付制度もあるので、その分は、同じく後日指定口座に振り込まれる。

 わたしの場合、進行性中咽頭癌(第三ステージ)で化学療法と放射線療法の二本立てで特に高度な先端的医療を行っているわけではない。12月は、胃ろうの造設手術があったが、この費用はさほどでもなかった(10割負担で10万円くらい)。
 現職で、病気休暇が認定されているから、給与は普通に出るし、他の任意保険から入院給付が出るので、結果的には、入院で家計がマイナスになることはない。健康なときは、こんな金勘定をすることはないので、恐る恐る請求書を見るわけだが、まあ何とかなっているので、ほっと一息だ。
 しかし、自営業の方などは、入院即収入減となるわけで、大変なことだな、と思った。
nice!(3)  コメント(5) 

400,000アクセスのお礼 [健康]

 ふと気がついて管理ページを見ると、40万アクセスを超えていました。昨日のことと思われます。

 日ごろのご愛顧に感謝します。
 学校現場から離れてしばらく経ちますが、案外自分ひとりがいなくとも、学校はちゃんと回っているようです。
 休む前には、なるべく迷惑をかけないように、心がけはしましたが、やはりなんといっても教育は人によって成り立ちますから、一人欠けるというのは、心苦しいものです。
 ただ、今の職場の同僚は、まったく愚痴ひとつなく、入院生活を応援してくれています。ありがたいことです。
 職場復帰はまだ明確なめどは立っていませんが、良い方向には向かっています。

 今後ともよろしくお願いいたします。
nice!(3)  コメント(3) 

血液検査の結果 [健康]

 抗がん剤投与の前日と翌日には、血液検査がある。

 前日の目的は、体が投与に耐えられるかどうかを見るの目的で、翌日は体にどのくらいのダメージがかかったかを見るものだ。
 今回は、白血球数の若干の低下が気になっていたが、事後に平常値に回復し、他の値も問題がなかった。
 したがって、今週・来週の放射線治療は予定通り継続し、来週木曜日で所定の回数を終える。

 問題は治療の評価だが、4~6週間後でないと、正確にわからないという。
 わたしの場合、病変部はCTで発見できず、内視鏡での中咽頭部の画像で原発同定となったのだが、治療後も放射線で患部付近全般が爛れているので、落ち着くまで待たないと、直ったのか直っていないのか、評価できないとのこと。
 さりとて、他の治療がないまま、単に機械的に入院継続ともならず、今は胃ろうから栄養全般を取っている状況なので、これがある程度口から食事を取れるような状態になり、自宅での療養が可能と医師が判断した段階で退院となるようだ。評価の検査は外来でできる。なんともアバウトな話だが、こんなものなのだろう。
nice!(2)  コメント(2) 

眠たい日 [健康]

 昨日と同じ生活をしていながら、眠くて仕方がないときがある。

 6時起床、21時就寝が基本。昨晩は、お腹が1時間おきくらいに痛くなり、消灯後もトイレ通いとなった。便はほんのわずかは出るが、特に下痢ともいえない。

 案の定というか、今日は日中が眠たい日だった。ベッドに横になるとすぐに寝てしまう。
 痛み止めを飲んでいて、便秘の心配があるので、毎食後に薬を飲んでいるが、今日は看護師さんのアドバイスで、朝から服用をやめた。そのせいか、今日は、お腹が痛むということはなかった。

 寝るとすぐに夢を見た。今日は、学生時代の寮の夢が多かった。
 寮は、4人部屋が基本だったので、自分のプライベートな空間は、壁側に作られたベッドに限られる。夢に見るベッド周りの空間と今の入院中のベッドがダブる。
 意識がはっきりすると、今自分が置かれている状況に納得するのだが、それまでの奇妙な感覚はなんともいえずに不安感が漂うばかりだ。
 昔読んだカフカの「変身」を思い出す。
nice!(3)  コメント(3) 

娘の成人式 [雑感]

 成人式が1時からで、その前に病院に寄る、と言う。
 
 晴れ着を、父に見せるのが目的だ。写真は後日撮るという。
 思えば2年位前から、貸衣装屋からダイレクトメールが毎週のように届いていた。あまり出ることは無かったが電話もそうだ。しつこい場合は、「不在」の登録をした。いちいち相手にしていられない。

 娘も、最初は晴れ着なんか要らないといっていたのが、母のを着るとなってみたり、貸衣装屋で借りるとなり、最終的には、買うことになった。これはもう、本人の意思と言うより、母親の願望のほうが強かったりする。

 まあ、何はともあれ、天気もまあまあだったし、無事に式も終わったようだ。近所の幼馴染とも出会えたようだ。
 さらに、妻によると、成人のお祝いに、何か買ってもらいたそうなことを言っていたと言う。
 これ以上いったい何が欲しいと言うのだろう。自動車学校には行かせているし、免許を取るまでは面倒を見るが、あとは知らない。家の車が35歳以上限定になっているので、保険契約は改定しなければ、と思っているが。
nice!(3)  コメント(4) 

首の皮膚 [健康]

 最近、看護師さんから、首の皮膚がきれいになりましたね、とよく言われる。

 放射線治療とは、要は放射線で細胞を焼くわけだから、がん細胞だけではなくて、表皮も、口腔内の粘膜もみんな焼ける。
 見た目がひどかったのは首だった。まさに火傷。だが、タオルでこすったり、石鹸をつけて洗わないようにいわれているので、せいぜい菌が入って炎症にならないように、薬を塗る程度だった。
 それが、一皮剥けたと言うべきか、ずいぶんときれいになった。
 残り8回だが、今度は口の中の炎症が治まってくれることを願う。
nice!(3)  コメント(4) 

抗がん剤治療・最終週へ [健康]

 抗がん剤治療は、トータルで6コース(週)といわれてきた。

 病態によって、少なくなったりもするらしい。大きいのは、副作用で、6コースをしたくとも、できない場合もあるようだ。
 昨晩、医師が来て、血液検査の結果や体調等を見て、継続して治療を行うのに問題は無いだろうとのことで、来週引き続き、抗がん剤治療に入ることになった。
 この間、目だった副作用が無かったのは幸いだった。
 だが、放射線治療ともあいまって、口から食事をとることができなくなり、この2週間はほとんど胃ろうからの栄養剤で栄養・薬・足りない水をとっている。口からもわずかな水を取ることができるが、限定的だ。

 抗がん剤治療では、がん治療薬を入れるのはほんの1時間ほどで、前日から当日を含め5日間のほとんどは、腎臓等を傷めないために、尿を出すことに費やされる。昼も夜も無いのだ。これには、結構な体力を必要とする。トイレに通えない患者は、管を入れるのだが、まだわたしはそこまでは行っていない。

 何はともあれ、あと1週間だ。風邪を引かないように、がんばろう。   
nice!(3)  コメント(4) 

吸入の効果 [健康]

 水曜日の昼から吸入をかけるようになった。

 直接には、寝ているときに痰が絡むようになって、苦しかったので、その改善のためだった。
 だが、安静にしていたこともあり、より以上の効果が現れた。

 まず、痰だが、これが無くなった。これだけでもずいぶんと救われたといってもいい。
 さらに、熱が下がったこともあるが、今朝の血液検査の結果では、体内の炎症反応の活発性を表すCRP値が2.44から0.33まで下がった。また、白血球値が少々低かったのが、正常値に回復した。

 部外者であれば、ああそうですか、で終わるところだが、当事者となると、これは来週の治療方針にかかわる、大事な結果となる。
 まず、抗がん剤治療だが、白血球値があまり低いと、薬を投与するか、治療を遅らせるしかなくなってくる。もちろん、体温とか他のファクターも考慮にいれての判断となるが。

 放射線治療があと8回。抗がん剤治療があと1コース(5日間)となった。
 食事については、完全栄養剤にしてからほぼ1週間となる。体調は良い。
 これらをどううまく最適な条件で組み合わせて、最終の治療としていくかが、今後の課題となる。
nice!(3)  コメント(4) 

夢の会話 [学校]

 ふと眠りに入って、誰かと話をしている。

 休みが明ける前に、テストの準備をしないと・・・
 そうだ。進度の確認は終わっていただろうか。
 次の作成者は誰だったろう・・

 ハッと起きると、夢の中の会話の方が、現実のように思えてくる。
 だが、今は病室の中だし・・
 自分が「猶予」されていると自覚するまでに少し時間がかかる。
 これでいいのかとつぶやき、これでいいのだ、と次のスケジュールを考える。
nice!(3)  コメント(3) 

最近の一日 [健康]

 今日で、放射線治療が25回目。全部で35回なので、あと10回で終了となる。

 単なる引き算なのに、この一週間くらい、残り20回と、勝手に思い込んでいた。放射線はほぼ毎日あるので、少し熱が続いたこともあり、頭がボーッとしていてなかなか残りの回数がリセットされなかったのだろう。
 昨日あたりから、体温は38度を超えることがなく、日中は36度台で推移している。

 抗がん剤、放射線のある1週間は大体こんなスケジュールだ。
 6時起床。体重測定、喉の治療の吸入。トイレ、尿量の測定(これは小用をたせば毎回)、洗顔。
 7時半、朝食。今は胃ろうを使っているので、部屋で。薬も栄養剤の後に、胃ろうから入れるので、注射器(注入器と呼んだほうがいいかもしれない)に薬を水で溶かして入れて準備をしておく。栄養剤の点滴が終われば、部屋で洗浄。
 9時過ぎより、耳鼻咽喉科の回診が始まる。
 日によって異なるが、10時ころに点滴の交換。11時ころに放射線治療。
 11時半昼食。内容は同じ。吸入2度目。
 昼から時間があれば、昼寝。2時ころに、体温、血圧、血中酸素濃度の測定があるので、長くは横になれない。
 3時、痛み止めのパッチ交換。
 5時半夕食。内容は同じ。
 月曜日午後から金曜日午前中まで点滴につながれているので、シャワー・風呂には入れない。金曜午後から月曜午前中までに済ませる。地下に患者用の風呂があるのだが、浴槽4人、洗い場4人程度のものなので、行ったことが無い。
 寝る前に、3度目の吸引を済ませて、歯磨き。
 9時消灯。患者も結構忙しい。

 @入院中の一日
nice!(3)  コメント(3) 

喉への吸入 [健康]

 朝の回診のあと、看護師さんとも話しをして、喉への薬の吸入を行うことになった。

 特に夜、痰が喉に絡んで苦しいのだ。飲み込むには量が多くて喉が痛くなり、吐き出すにもエネルギーが要るし、血が混じることもある。

 薬とは、抗生剤を中心としたものだという。朝、昼、寝る前の1日3回。
 昼に吸入を始めたが、大分楽になった気がする。
nice!(3)  コメント(2) 

給食の一時停止 [健康]

 病院の給食を一時停止とした。

 この一週間も、出された中で食べることができたのは、お粥がスプーン一杯ほどと、おかずの中で口の中が痛くならないものを選んでほんの少しだったので、何だか無駄だと思っていた。
 看護師さんと相談すると、胃ろうから給食と同じカロリー量(一食600キロカロリー)はほぼ取れているので、停止もかまわないという。ただ着けてもらっていた高カロリーのゼリー(一個150キロカロリー)は残してもらった。これで、当分の間、食事は、ゼリーと胃ろうへの点滴で行うことになる。また水分の補給や、薬が錠剤で飲みづらい場合も粉末にしてもらい、胃ろうから入れることもできる。

 帰宅も予想して、看護師さんから教わっていたので、装着から洗浄まで全部自分でやる。具合が悪くなれば、看護師さんにやってもらえばいい。自分でできるウチは自分でやろう。

 @給食停止
nice!(3)  コメント(4) 
メッセージを送る