So-net無料ブログ作成

自家用車通勤 [学校]

 最近はもっぱらバス通勤だが、自家用車で行くこともある。

 腰痛がひどかった時は、車で通った。途中で、歩けなくなったら、たどり着くことも出来ないからだ。

 札幌市教委の場合は、近年、校地内に駐車する場合は「駐車場使用願」を、また自家用車を公用車として使わざるを得ない可能性がある場合は「公用車使用願」を毎年出させるようにしている。

 ただ、学校によっては、そもそも、駐車のスペースが十分でない所もたくさんある。
 公共交通機関が容易に使える場所に学校があれば問題はないが、そうでない場合は困る。自家用車でないと通えないからだ。ずっと以前勤務していた職場では、学校の横の私有地を駐車場代を払って借りていた。

 行政にしても、自家用車ならわずかな通勤手当ですむが、公共交通機関を使う者には、基本全額を負担しなければならない。利用者が増えれば財政も圧迫される。と言うか、そもそも予算にない。

 外目からは、「先生がなぜ車通勤しているのか」との批判があるが、ガソリン代も維持費もほとんど自腹なんですよ、と言えば、少しは納得してくれるだろうか。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

やっと少し開花・ブルーベリー [雑感]

 昨日、今日と天気が良かったせいか、わが家のブルーベリーもやっと開花が始まった。

 と言っても、ほんの少しなのだが。去年と比べると、1週間以上遅い。まだ気温が上がらないせいだろう。今日の最高気温も、18度だった。朝など、少し暖房を入れないと寒いくらいだ。

 「温暖化対策」が声高に叫ばれているが、今年の北海道は冷夏という予報だ。もう少し足元を見たらどうなのか。
 そもそも、温暖化がなぜ悪いのか、よく分からない。
 北海道の場合は、暖かくなればなるほど、作物は良くとれるし、冬の寒さも短くてすむ。
 これが反対に、寒冷化なら暖房費がかさむばかりだ。作物も、ハウスの場合は石油で育てているようなものだから、価格も高騰するだろう。露地栽培なら育たない結果もあり得る。

 ともあれ、満開を待つばかりだ。あと1週間はかかるだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

運動会日和 [学校]

 今日は、札幌市内のほとんどの小学校が運動会だった。

 最高気温18度、終始晴天で、最高の運動会日和だったろう。

 午後から用事があったので、バスに乗るのに、近くの小学校のグランドの横を通ったが、ちょうど昼食休憩のようだった。赤何点、白何点のボードが見える。紅白で競わせるのに、何の意味があるのかとふと思った。

 子どもが成長したから、運動会から離れて5年になる。それ以前は、毎年席取りがお父さんの役目だった。当時から、席取りについては、事前にくじを引いて、順番を決めるようになっていたと思う。昨日の職場帰りの時には、隣の小学校が、ちょうど席取りの時間だったようで、たくさんの保護者が並んでいた。公平になるよう、PTA役員のみなさんの腕の見せ所なのだろう。同時にとても大変な仕事だと思った。

 4時頃、帰宅途中、小学校のグランドを見たら、きれいさっぱりラインすらも無くなっていた。ご苦労様でした。
 今晩は、市内のあちらこちらで、先生方の打ち上げ(ご苦労さん会)が行われていることだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

義務制の「制服」について [学校]

 義務制では、正しくは「標準服」と言う。厳密に言うと強制ではないからだ。

 たまに担任代わりに、給食で教室に行くと、みんな仲良く食べている。

 ふと思う。あの子は生活保護の母子家庭、その隣の子は父が自営業で経済的には恵まれている家庭だ。でも、この教室では、みんな同じルールをしつけられているから、平等に食事をしている。

 これが、中学校を巣立って、高校とか社会に巣立っていけば、きっと格差は際立って来るに違いない。

 ならば、今は同じ制服を着て、同じ食事を食べるのが、この子たちにとっていかに平和か。

 給食指導に代わりに行って、そんな事を考えた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

トレーラーの冷蔵庫 [雑感]

 GWに、トレーラーで旅行に行った際に、冷蔵庫の利きが悪かった。

 このときはガスでの運用だったので、自宅駐車場で交流100V電源での運用をテストした。

 キャンピングトレーラーに搭載されている冷蔵庫は、普通は3WAYで、100V電源、ガス、バッテリー12Vでの運用が可能だ。ただ、バッテリーでの運用は、バッテリー切れをすぐにもたらす可能性が高いので、殆ど使ったことはない。

 昨日の晩から電源を入れて、今朝の冷凍庫内の温度は-17度、晩に測った冷蔵庫内は0度だった。これなら、十分だ。
 ただし、トレーラーの冷蔵庫は、外気温によって中の温度が左右される。今日の札幌の最低気温は8度、最高気温が12度だったから、大まかに見て、冷凍庫は外気温の-30度、冷蔵庫は-15度くらいか。マニュアルを見ても、このあたりのデーターは載っていない。

 となると、外気温が25度を超えるあたりから、冷蔵庫の利きは悪くなってくることになる。経験的にも、そんな感じだ。
 今までは、何となくだったが、今度は温度計を持って確認してみよう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

小学校の運動会 [学校]

 札幌では、この土・日に集中する。

 幸い天候は良いようだ。

 運動会は地域のお祭りのようなものだったが、最近は趣が違うらしい。

 酒類・たばこの禁止。

 たばこについては、「校区内禁煙」が7年前くらいから実施されている。
 酒については、特に定めがないが、自粛要請をしている小学校も増えているようだ。

 家族で応援の際の昼食も、出張販売の業者に頼む家庭が徐々に増えているようだ。電話で頼んでおけば、グランドに横付けして、持ってきてくれるという。今後、主流になるかもしれない。

 「学校行事」と「お祭り」がまだ混然となっている時期のようだ。
 その内、中学校のように、決別する機会があるのかもしれない。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

特別時間割への不満 [学校]

 教務代表の先生と立ち話をしていたら、特別時間割への不満を耳にする、と言う。

 いわく、同一日に授業が2回ある、当たるクラスが偏っている、特定の人が何も当たっていない、等々。

 自習を避けているので、たとえば1年だけが授業で他の学年が行事ならば、1年の教師だけで授業配置しなければならない。他の学年からも授業に来ているから、その分を1年の教師だけで埋めるには、1日に授業がダブるのは当然のように起こる。
 自習と違って持ちクラスにしか配置できないから、当然偏る。また、教科から要望があればそれを優先するので、他の教科はそのあおりを受けることになる。もちろん、出来ないときは、出来ないと言うが。
 特定の人が、と言うのは、健康診断等で当日いない先生のことだろう。授業を配置しなければ自習になる。どちらにしても、1年の教師でまかなうしかない。

 思えば、この職場に着任して、これらのことを、きちんと議論したことはなかった。今までそうだったからと、何となく引き継いだままで、推移している。
 新しい先生も増えたので、もう一度このやり方の是非を議論すべき時期にあるのかもしれない。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

旅行的行事中の特別時間割 [学校]

 今年は、3週に渡っているので、再来週分(案)をやっと作り終えた。

 Ⅱ期の時間割はだいぶん前に確定してあったのだが、先生方は、期末テスト前の時数を数えて要望を言って来る。その気持ちはとても分かるのだが、日課係としては、そんな区分は持っていない。Ⅱ期全体の時数で調整を試みるのだ。結局、一週間前くらいでないと、確定できないことになる。

 もう少し良いやり方があるのかもしれないが、他の学校に倣っても、学校事情によりそのまま導入できることは少ない。ただ、「考え方」は柔軟でありたい。そのための交流は必要だ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

高体連の大会 [学校]

 高体連の大会だとかで、息子は、連日午前中で帰ってくる。

 部活には入っているが文化系なので、特に応援等もないようだ。

 札幌では数年前から一斉休校となる「中体連の日」が無くなった。いわゆる「授業時数確保」のためだ。また、体育系部活に入っていない生徒の授業保障はどうなるのか、といった議論もあったらしい。
 だから、中体連の大会は、種目毎バラバラに土・日で行われる。スポンサーの休日回復はない。(「実態として取れない」のではなく、制度としてない。)

 それに比べると高校は鷹揚なものだ。
 そう言えば、娘が高校生の時に、高文連の全道大会で、平日に参加したことがある。卒業時、皆勤賞をもらったから、欠席扱いではなかったのだろう。かつ、高3は2月からは受験のために授業はなくなった。

 まあ、高校ではそれらをすべて見越してカリキュラムを作っているのだ、と考えるしかないだろう。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

定期健康診断(バリウム) [学校]

 4月1日の満年齢が35歳以上になると、胃の検査(バリウムX線撮影)が入る。

 義務免になるのが午前中だけなので、午後も休む場合は年休となるが、何となく腑に落ちない。
 下剤を飲むから、検査後はトイレに通わなければならない。これは、我慢すれば何とかなる物ではない。
 授業中に便意が起きたら、「トイレに行って来るから、ちょっと自習ね」と言えばよいのだろうか。
 それでなくとも、授業中の「注意監視義務」が、民法上の責任を問われかねない時代だ。そのための、弁護士費用等をまかなう保険も結構売れているらしい。
 
 もちろん早めに受診を終えて授業をする先生もいるが、一般的には、個人の都合もあるだろうし、体調管理も個々人それぞれあるだろう。
 だけど、管理職と議論をしても始まらないから、わたしは年休を取った。トイレ通いには自宅が一番良いからだ。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

北海道開拓の村の「武道場」 [学校]

 1年の野外学習で、北海道開拓の村へ行った。

 「旧札幌師範学校武道場」が気になっていた。北海道教育大学札幌分校の旧キャンパスで、今のあいの里に移転する1987年まで第2体育館として使われていたという。
 わたしは、1984年3月の卒業だが、ほとんどこの建物の記憶がない。
 実際に見てみても、どこにあったのかすらピンとこない。

 家に帰って、記念誌で旧キャンパスの全景写真を見てみると、本校舎の裏側に、確かに載っている。
 多分、入ったことは無い。

 そう言えば、わたしは4年間、この大学の男子寮「紫藻(しそう)寮」に住んでいたが、学生の中には、男子寮がどこにあるのか知らない者もいた。同じキャンパスの中にあるのに。
 関心がなければ、そんなものなのかもしれない。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

万有引力とは [学校]

 「万有引力とは ひき合う孤独な力である」と、谷川俊太郎は、19歳の時に書いた。

 ニュートンは、23歳の時に、それまで知られていた惑星の運行の法則を、万有引力の法則で統一できることを発見した。
 それを公表したのは、45歳の時だから、よほど、その間、検討を重ねた物と思われる。
 「プリンキピア」では、いくつかの疑問点に触れる。
 まず、太陽などのように巨大な物体の場合、質量がその重心にある物としてこの法則が成り立つものか、検討し証明する。また、地球が扁平であることから、地球と月との運動の、地球が完全な球としたときとの差異を説明する。
 実に、当時知られていたすべての観測事実を、この法則だけで解明できるのだ、という自信があふれている。

 ニュートンは、遙か彼方の惑星の運行を一つの法則で表せることを示して、それで良しとしたのか、生涯、孤独の生活を送った。

 日本の19歳の少年は、この孤独を、お互い天才なりに、理解したのだろうか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「ブラブラバンバン」 [雑感]

 Gyaoで、なにげに動画を見た。

 主人公の女子高校生は、音楽に陶酔すると、無意識に男の子に襲いかかったり、突然服を脱いだりすると言う、何だか展開も結末も分からない映画だったが、最後に残ったたった8人による「ダッタン人の踊り」の演奏に感動した。
 もちろん、プロの吹き替えだろうが、全く音が違う。こういった演奏を聴くと、涙が出てくるのは、歳のせいなのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

ブルーベリーさっぽろ [雑感]

 つみ取り農園「ブルーベリーさっぽろ」へ行って来た。以前報道があって、一度行ってみたいと思っていたのだ。

 社長の高岡さんとは初めて会うが、以前自宅に電話を頂いたことがある。9年ほど前か。
 定年退職後を見越して、ブルーベリー栽培をしたいとのことだった。
 将来は、1万本くらい育てたいと話していたが、その時は、何だか大風呂敷を広げる人だなと思った。

 高岡さんは、着想通り、石狩の生振で苗木を育て、4年ほど前に、札幌市中沼に農園を開いた。
 現在は、2300本を栽培し、毎年1000本の苗木を育てているという。
 苗木の販売も行っているそうだ。
 研究熱心な方で、「ブルーベリー栽培の手引き」という自作のパンフレットを頂いたが、とても丁寧に札幌の風土にあった栽培方法が書かれている。本来は、苗木を買ってくれた方に差し上げているものだそうだ。「おかしな所があったら教えて下さい」の一言が、彼の謙虚さを示している。素人のわたしに、何が指摘できるものか。

 花が咲くのは、6月中頃だろうか、その時にはまた行ってみたい。2300本の木に咲く花は壮観だろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

ブルーベリーの葉 [雑感]

 ブルーベリーの葉がやっとすべての枝に着いてきた。

 昨年は、ちょうど今頃開花したものだが、今年は遅い。
 札幌はライラック祭りが始まったが、ライラックもそれほど盛りではないようだ。
 買い物に行ったら、駐車場でたまたまキャンプ仲間にあったが、山菜も遅いようだ。雪も残っているという。

 この様子では、実りも遅くなるだろう。
 ウチのブルーベリーは元々実るのが遅いので、最後の収穫が11月に入ってしまうかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

警察官が・・ [学校]

 下校直前に、警察官が6名ほど、学校に来た。

 「学校前で、喧嘩で倒れている人がいる」と言う通報があったというのだ。
 学校にも確認の電話が来たが、そんな兆候はみじんもなかった。

 でも、通報と同時に、警官は派遣されたらしい。
 「いたずら電話」だったようだ。自分には、このような経験はない。

 今なら、逆探知で、発信元をたぐることは簡単だろうが。
 119番の乱用が問題になっているが、110番のいたずらも困る。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

ニュートンの「プリンキピア」 [学校]

 古本屋で買った「プリンキピア」を少し読んでいる。

 昭和5年刊だから、80年前の本だ。500円で買った。「世界大思想全集」の中の一巻で、当時はこのような全集ものがはやっていたのだろう。原書はラテン語だが、英訳からの翻訳のようだ。だからか、表題は『プリンシピア』となっている。
 
 1687年に書かれた本だが、内容は素晴らしい。
 まず、質量を、(密度)×(体積)と定義する。
 これは、今のメートル法から考えると古めかしく思えるが、最先端の研究では、アボガドロ数から質量を定義する方向で進んでいるから、かえって、ニュートンの定義に戻っているようにも思える。

 ほとんどが、ユークリッドの「原論」風に記述されているが、時折、彼が創始した微分積分の一端が見えるのも面白い。

 それにしても、この本を当時通読した方は、どれくらいいるものだろう。
 わたしが入手したものは、ページを開いた形跡すらなかった。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

アイヌの小川隆吉さん [学校]

 もう30年くらい前になるが、学生時代に、市内で民間の教育サークルの一員だった。

 小川隆吉さんに講話をお願いしたことがある。
 札幌市民会館の一室を借りた。

 「こういう学校の先生や学生のみなさんの集まりで話すのは初めてです」と語り始めた。
 わたしは、この最初の一言が衝撃的だった。
 アイヌが自らをアイヌと名乗り、アイヌのことを学校関係者らに直接語る機会がなかったというのだ。

 高校の同級生にアイヌはいた。
 ある時、日本史の時間で、教師が「道民は、ほとんど本州からの移民だ、自分の祖先の出身地を言ってみなさい」と問い、一人一人に聞いていったところ、彼は「俺は、アイヌです」と答えた。その時、教師が少しうろたえたのを覚えている。彼の親は公認会計士だかで、一度友人と遊びに行ったが、とても立派な家で、歓待してくれた。アイヌの話は出なかった。

 小川さんの話で、アイヌの事は、北海道民だから、少しは知っているつもりだったが、全く底の浅い物であることが分かった。

 「アイヌとは、和語の(立派な)人間という意味で、特にアイネノンアイヌとは、人間の中の人間、つまり立派でそして尊敬される人のことを言うのです」と聞いた。

 小川さんは、その後、札幌市ウタリ教育指導員として活躍され、今は74歳になるそうだ。北海道新聞の5月18日版に報道があった。
 まだまだ、お元気で活躍されることを祈る。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

ブルーベリー苗の新葉・続 [雑感]

 朝、子細に観察してみると、7本の苗に葉が出ているようだ。

 ポットが7つで、2本ずつ植えているので、とりあえずは、かなりの成功率だ。

 8月に切った枝をポットの用土にさして、水やりを欠かさないようにするとともに、全体をビニール袋で覆って、乾燥しないようにした。本に書いてあるとおりやったのだが、年内に根は出ていないようだった。

 本州の栽培例で書かれた本なので、北海道でそのまま出来るとは思っていなかったが、枯れてはいないようだと、じっと待ち続けた。

 生徒の成長もそんな物なのかもしれない。マニュアル通りには伸びていかない。
 でも、ある時、急に進歩する時もある。
 教師の仕事も、限られた時間だが、可能性がある限り見捨てない、あきらめないこと、なのだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

素因数分解 [学校]

 3年は、素因数分解に入ったが、なぜ整式の因数分解の後に、素因数分解が来るのか分からない。

 少し昔は、中1でやったと思う。いや、本来なら小学校でやるべき内容だろう。最大公約数、最小公倍数はどうやって教えているのだろうか。

 と、考えてみると、小学校の算数のカリキュラムがよく分かっていない。
 せめて、学校に小学校の教科書が一セット揃っていれば、とてもよく分かるのだが。

 札幌市教育委員会の研究会も、小学校部会と中学校部会に明確に分かれていて、小・中の連携など全くない。
 もちろん、ネットで学習指導要領を見れば、大体は分かるのだが、学習の本質は、教師間で議論するに限る。教科書がそうだから、生徒もそう理解しているとは限らないのだ。問題点は、実態を知った者の議論の中でのみ浮かび上がる。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:学校

ブルーベリー苗の新葉 [雑感]

 昨年8月に作った苗から、新葉が出てきた。今のところ4本だが。

 昨年中はいっこうに成長が見られないので、ダメなのかと思っていたら、ここ数日の暖かさのせいか、小さな葉がほんの少しだが伸び出した。
 植物の生命力とは、大した物だ。9ヶ月もたって、枯れもせずに、春の息吹をもらって、成長を始めたのだ。
 初めての経験だったので、少し感動した。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

しおりの完成 [学校]

 5時間目が、文化係会議だったので、生徒の手で、しおりの丁合と綴じ込みを行った。

 担任が復帰したので、クラスに着く必要が無くなり、助かった。これで、係生徒の方に着くことが出来る。
 教室に入ると、すでに係代表生徒が説明していたので、あまり話すことが無くなった。良いことだ。

 朝、仮とじしたしおりを先生方に配ったが、昼までに訂正・増刷分がなかったので、これで決定版とする。
 6クラス×5班×(1~2人)=約36人なので、50分では250冊はちょっと無理かな、と思っていたが、時間内に綴じ込みと製本テープでの装丁まで、何とか出来た。

 ホチキスを30台持っている先生がいたので、それをお借りできたのが良かった。
 「数は力なり」を実感した。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

野外学習しおりの印刷 [学校]

 しおり印刷がやっと終わった。

 丁合と綴じ込みは、明日生徒とともに行う。
 印刷機を独占するので、平日では出来ない。
 なんだか、去年も一昨年も同じことをやっていたような気がする。今の印刷機は、紙送りが正確なので、殆ど紙が無駄になることがない。マスターが無くならないか不安だったが、何とかなった。まだ、この印刷機では、マスター交換をしたことがない。
 ただ、ボーっとしていると、とんでもない間違いをすることになる。今回は、2ページ分、表裏に印刷しなければならないのに、別な原稿を印刷してしまった。
 教師分をとりあえず作る。不足ページがあれば、明日印刷すればよい。5時間目までに間に合えばよいが。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

ほっかほっか亭の開店 [雑感]

 車で8分くらいの所に、「ほっかほっか亭」が新規開店したので、夕食を買いに行った。特売なのだ。

 のり弁当が、290円の所が200円。その他、諸々。
 5時頃行ったので、それほど混んではいなかった。4人分頼んでも、5分で出来てきた。

 だが、時々買いに行く百合が原の「ほっともっと」の方が近いので、このセールが終わったら、もう行かないだろう。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

農協の苗物市 [雑感]

 朝、チラシが入っていたので、農協の苗物市に妻と行った。

 2日間限定の苗物市だ。昨年は、5月24・25日だった。
 今年は早いなと思って、職員に聞いたら、昨年は暖かくて「遅い」とお客さんから言われたので、1週間早くしたら、この天候です、との話。まだ、露地植には1週間は早いので、ベランダにでも置いておいてください、と言われる。
 今年は、トマトの苗を2本買った。畑の用土も14リッターを4袋。
 去年は、息子がトウモロコシを育てたが、今年はやらないそうだ。去年は立派に4本とれて終わった。
 今年のトマトは、うまくいくだろうか。もっとも、これは妻の領分なので、わたしは手を出さない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

担任業務終了? [学校]

 入院していた担任が、月曜日には復帰できるとのことで、今日で一応担任業務は終了した。

 副担任と担任だが、副担任の方が週の教科時数は3時間ほど多い。その代わり、担任は、学活・道徳・総合で自分のクラスに行くから、週の総持ち時数は平均化される。

 だから、副担任が担任代わりとなると、週3駒増えるし、休んでいる担任の自習監督も当たる可能性がある。従って、1日の空き時間がせいぜい1時間となる。これが辛い。放課後は、すぐに行事準備の学年委員会とか、個別の指導が入るので、校務の仕事が出来ない。あっという間に、退勤時刻になる。
 一人が欠けると、仕事が回らなくなる体制なのだ。

 2年後の、学習指導要領の全面改定で、中学校の年間の学年総授業時数は、980時間から1015時間に増える。
 35時間増えるのに、教師の増員計画は、まったく見えてこない。
 たかが35時間ではない。全校15クラスなら、15×35=525時間の増なのだ。

 教育委員会は「授業時数の確保」を執拗に言って来ているが、「それに足る教員数の確保」が全然見えてこないと言うのは、現場軽視の最もたるものではないか。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

整式の因数分解の一意性 [学校]

 中3では、因数分解に入っている。

 自分が中学生の時は、なぜ、答えが一つになるのか、疑問が残った。
 分解だから、いくらでも答えがありそうなものだ。

 疑問が晴れたのは、大学生になってからだろう。
 「整式の因数分解の一意性」は証明されている。
 その証明は、やや難しいが、中学生にでも理解できないことはない。

 でも、授業では、そんなところまで踏み込めない。
 だから、「一意性は証明されている」とだけ述べて、次へ進む。

 自分と同じような疑問を持った生徒は、将来、数学科に進むのかもしれない。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

担任から生徒への手紙 [学校]

 入院している担任から、生徒への手紙が届いた。

 朝の短学活で、生徒に手紙を読んだ。急性虫垂炎だが、少し重い状態だったと。来週には、またクラスに戻れるので、お家の方にもよろしく伝えて下さい、との内容だった。

 生徒は静かに聞いていたが、時折漏れる笑い声。担任の想いは伝わったようだ。

 読んでいて、ほんの少し寂しくなったり悔しくなったりもする。わたしは単なる代わりで、担任はやはり担任なのだ。
 生徒のやることに口出しはしない。掃除のやり方、掲示物の張り方一つをとっても、担任によって様々だ。担任の意図を越えることはしない。
 でも、今日は給食当番の班に一人欠席が出たので、いつもは手出しをしないが、配膳を手伝った。

 何もなかったように、復帰できること。それが、最良の配慮と思っている。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

国の借金・883兆円 [雑感]

 財務省の、5月10日発表によると、2010年3月末での国の借金は、883兆円だそうだ。

 内訳の80%(720兆円)は、国債だ。国債を引き受けているのは、ほとんどが銀行やいわゆる郵便貯金なので、きわめて簡単に言うと、二世帯以上の勤労国民の預貯金のすべてが、国債になっていることになる。

 だから、勤労国民が、一斉に預貯金を下ろすような事態になったとしたら、銀行は手持ちの現金が無くなれば、金庫の中には国債の紙切れしかなく、国民は現金を受け取ることが出来ない。

 いや、年金の膨大な原資があるとか何とか、擁護する論者は、色んな理屈を並べるだろうが、元はと言えば、法律で認められていない「赤字国債」を、なぜ議会は通し続けてきたのか、と言うことだ。

 これは、長期自民党政権のあまりにも膨大な後世へのつけで、今の自民党が政権を執るためには、当然「説明責任」が伴う。

 十分な説明を聞きたいものだ。「だから増税」と言う結論ではなく。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

ミンチ石 [雑感]

 10年以上前に、融雪漕を設置するのに、ついでに、駐車場を整地してアスファルトもひいてもらった。

 その際、境界に使ったのが「ミンチ」だった。細長いコンクリートのブロックでよく見かけるものだ。
 それを、業者が「ミンチ」と呼ぶのは初めて聞いた。

 挽肉のミンチとどんな関係があるのかと、時折疑問に思っていたが、こういう疑問はすぐに忘れてしまう。

 ふと思い出して、ミンチを検索してみたら、驚いた。
 ミンチとは「民地」だったのだ。正式には、「民地仕切石」と言うらしい。広辞苑をひいても出ていないし、電子辞書でも出てこない。業界用語なのだろう。ネットでは、「ミンチ石」の表記もある。

 そう言えば、大学生の時に自動車学校に通ったときに、「縁石」と言う言葉が分からなかった。
 「タイヤがエンセキを踏んでるよ」と言われても、何のことか分からない。
 「縁石」も、広辞苑(第二版)には載っていないし、普通の小辞典にも載っていない。
 少し悩んだが、その内に、道路の境界のことだな、と推測した。
 「エンセキ」って何ですかと、素直に聞けば良かったのだが。

 「ミンチ」も、その時に聞かなかったばかりに、10年以上も経ってやっと意味が分かった。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:学校
メッセージを送る